加藤博一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
加藤 博一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 佐賀県多久市
生年月日 (1951-10-09) 1951年10月9日
没年月日 (2008-01-21) 2008年1月21日(56歳没)
身長
体重
178 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1969年 ドラフト外
初出場 1972年9月19日
最終出場 1990年10月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

加藤 博一(かとう ひろかず、1951年10月9日 - 2008年1月21日)は、佐賀県多久市出身のプロ野球選手外野手、右投左打)、野球解説者タレント

経歴[編集]

多久工業高時代は足の速さを買われ、地元の駅伝大会に陸上部の助っ人として出場した事がある。打撃練習時には隣接する多久警察署に打球が何度も飛んでいったためにネットが増設され、通称「加藤ネット」といわれた。高校の2年後輩にマラソン選手で、現在は天満屋陸上競技部監督を務める武冨豊がいた。

国士舘大学社会人野球チームからも勧誘されていたが、1969年西鉄ライオンズドラフト外で入団。伊藤光四郎二軍打撃コーチに「お前のバッティングでは飯が食えん、左で打て!」と言われ、スイッチヒッターに転向。当時の給料は5万円であったため、オフシーズンになると靴の配送・飲食店の厨房・鮮魚店勤務などアルバイトをして生計を立てた。

1974年には打率.359でウエスタン・リーグの首位打者に輝く。公式戦出場は1972年の3試合にとどまり、6年間でわずか1打席しかチャンスを貰えなかった。

1976年鈴木照雄五月女豊(後述する大洋時代に同僚となる)との2対2の交換トレードで、片岡新之介と共に阪神タイガースへ移籍。太平洋クラブ時代はファームに甘んじていたが、ファームの阪神戦(甲子園球場)での活躍を見た吉田義男監督が獲得に動いた。移籍後も二軍暮らしが続いたが、1976年・1977年と2年連続でウエスタン・リーグの盗塁王を獲得。1977年オフの納会ではピンク・レディー形態模写をやってチームメイトの人気を集める。

1979年からは「つちのこバット」を使用するようになり、阪神と因縁のある江川卓に強い男として売り出した。プロ入り後の初本塁打も甲子園初登板の江川から打ったものであり、1980年も含めて江川から3本の本塁打を放っている。この年より監督に就任したブレイザー監督にそのガッツを買われた。1980年には一気にレギュラーに定着。打率.314で打率ベストテンの5位に入ると共に、高橋慶彦広島)と盗塁王争いを演じ、阪神から1956年(吉田義男)以来の盗塁王誕生かと思われたが、高橋の38盗塁に及ばず34盗塁でタイトルを逃した(阪神の盗塁王はその後世紀を超えて赤星憲広が出現するまで誕生しなかった。また、当時の甲子園の土は盗塁に不利と言われていた)。1981年オフのファン感謝デーでは福間納や似鳥功(打撃投手)と共にイモ欽トリオの形態模写を披露し、阪神ファンの人気を不動のものとする。

1983年野村収との交換トレードで横浜大洋ホエールズへ移籍。移籍は当時の安藤統夫監督からゴルフ場で告げられたという。「ダメでも、いずれ阪神に戻す」と言われたが、「その時にはもう監督でないかもしれないから(保証はない)」と反論した。大洋では2番打者に定着し、1985年には近藤貞雄監督の下、高木豊屋鋪要と「スーパーカートリオ」を結成。3人で3ケタの148盗塁を記録し、個人では48盗塁とリーグトップの39犠打を記録した。1986年には17年目で初のオールスター出場を果たす。[1]この頃に左打ち一本に絞った。目立った数字は残せなかったものの、そのキャラクターでファンや選手に親しまれ、1990年まで21年間の現役生活を送った。所属したチームの成績には恵まれず、現役時代にリーグ優勝を一度も経験できなかった。大洋時代のチームメイトであった高木豊や若菜嘉晴も同じ境遇を味わっている(若菜は引退後、ダイエーのコーチ時代に優勝を初経験)。大洋時代の打席での応援歌は「蒲田行進曲」。加藤が代打に告げられた際にはスタンドから「ひろかずコール」がなされた。加藤は、スタンドのファンがきっちり3回コールするのを待って打席に入っていた。

現役引退後は、フジテレビの野球解説者を務めたが、2006年肺ガンと診断されてからは治療のため入退院を繰り返し、2007年2月には左肺を摘出していた。いったんは回復し、『すぽると!』や『CSプロ野球ニュース』などで再びキャスターなどとして活躍していたが、左足大腿骨にガンが転移。その後容態が悪化し、2008年1月21日午後0時54分、肺ガンの為横須賀市の病院で死去。56歳没。法名は釋博仁。

2008年4月12日の横浜vs阪神戦(横浜スタジアム)は、「加藤博一氏追悼試合」として開催され、追悼セレモニーなどを執り行った。この試合では、横浜の応援団が石井琢朗に対して、加藤の応援歌だった「蒲田行進曲」を使用した。

人物・交友関係[編集]

現役時代から「面白いキャラクターの野球選手」として有名で、プロ野球界オフの主役として『プロ野球ニュース』などにたびたび登場していた。大洋時代に同じ阪神OBである江本孟紀も出演するテレビ番組で「第2の江本孟紀を目指す」と繰り返し、江本がテレて苦笑する中で阪神時代から旧知の島田紳助に「加藤さんの場合は、江本さんではなく第2の板東(英二)さん!」と芸人としてのツッコミを受けたことがある。

島田紳助・小錦とは古くからの親友として知られ、紳助からは「世界の福本(豊)に対し、町内の加藤」とよく言われた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1972 西鉄 3 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1976 阪神 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1977 7 7 6 2 2 0 1 0 4 0 1 0 0 0 1 0 0 2 0 .333 .429 .667 1.095
1978 31 29 27 7 6 1 0 0 7 1 3 3 0 0 1 0 1 4 0 .222 .276 .259 .535
1979 91 174 160 37 37 5 2 2 52 7 6 4 2 0 9 0 3 26 3 .231 .285 .325 .610
1980 112 413 379 63 119 18 3 7 164 21 34 14 7 0 22 0 5 46 2 .314 .360 .433 .792
1981 57 196 180 22 40 6 3 1 55 4 14 3 3 0 12 0 1 30 6 .222 .275 .306 .580
1982 60 84 79 10 13 0 0 0 13 1 6 3 0 0 5 0 0 17 1 .165 .214 .165 .379
1983 大洋 80 80 72 13 10 3 1 1 18 2 8 0 2 0 6 0 0 19 0 .139 .205 .250 .455
1984 109 343 304 39 84 13 1 2 105 25 14 4 17 1 21 0 0 42 3 .276 .322 .345 .667
1985 129 522 436 63 122 16 5 4 160 35 48 18 39 0 44 0 3 60 6 .280 .350 .367 .717
1986 75 299 268 33 85 8 5 3 112 30 22 8 15 1 13 1 2 43 1 .317 .352 .418 .770
1987 97 231 198 26 53 10 1 1 68 15 7 7 9 1 22 1 1 30 2 .268 .342 .343 .686
1988 72 89 80 13 20 6 0 0 26 10 2 0 1 1 7 3 0 16 7 .250 .307 .325 .632
1989 76 90 76 6 20 6 0 1 29 21 3 1 0 3 10 2 1 16 3 .263 .344 .382 .726
1990 63 60 54 7 17 1 0 1 21 4 1 1 0 0 6 0 0 10 2 .315 .383 .389 .772
通算:16年 1063 2619 2321 342 628 93 22 23 834 176 169 67 95 7 179 7 17 361 36 .271 .326 .359 .686

タイトル[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 1000試合出場:1989年10月18日、対広島東洋カープ26回戦(横浜スタジアム)、7回裏に遠藤一彦の代打として出場 ※史上291人目
その他の記録

背番号[編集]

入団時から大きな背番号を背負ったため、阪神時代に1桁の「8」を付けたことに感激。前任の島野育夫コーチに故障に泣かされる番号だからと忠告されたが、やはりその後ケガに見舞われた。

  • 75 (1970年 - 1972年)
  • 67 (1973年 - 1974年)
  • 35 (1975年)
  • 32 (1976年 - 1980年)
  • 8 (1981年 - 1982年)
  • 22 (1983年)
  • 44 (1984年 - 1990年)

関連情報[編集]

著書[編集]

  • 『生き抜いた21年』(青谷舎,1991年)ISBN 4915822028

出演番組[編集]

連載コラム[編集]

いずれも野球コラム

CM[編集]

テレビ
  • コスモ食品直火焼カレー・ルー、ドレッシング(神奈川県、青森県で放映)
ラジオ
  • すまいの一番

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 同年オールスターゲームでのセリーグ監督は前年リーグ優勝した阪神・吉田義男だった。阪神のベテラン選手である川藤幸三もオールスター初出場だった。

関連項目[編集]