加藤和彦作品集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
加藤和彦作品集
加藤和彦コンピレーション・アルバム
リリース
録音 1967年 - 2009年
ジャンル フォーク
アイドル歌謡
ニューミュージック
J-POP
時間
レーベル 日本コロムビア
プロデュース 加藤和彦
加藤和彦 年表
あの頃、マリー・ローランサン2004 A TRIBUTE TO K.Yasui & K.Kato
2004年
加藤和彦作品集
2012年
ヨーロッパ三部作・ベストセレクション
2017年
EANコード
ASIN B0083BYZKE
JAN 4988001733799
テンプレートを表示

加藤和彦作品集』(KAZUHIKO KATO SONGBOOK)は、2012年10月3日日本コロムビアから発売された加藤和彦コンピレーション・アルバムである。

解説[編集]

日本コロムビアの「ライターズ・ソングブック・シリーズ」の一環として企画されたアルバムで、加藤和彦の作曲家としての業績にスポットを当てた内容となっている。編集にあたり、加藤が1967年から2009年までに制作した楽曲からレーベルの垣根を越えた選曲がなされ、31の楽曲の32組のアーティストによる音源が2枚組のCDにまとめられている。DISC1にはアイドル・ニューミュージック系の女性歌手への提供曲が、DISC2にはフォーク・J-POP系の歌手への提供曲およびカバー・ヴァージョンが収録されており、加藤が在籍したザ・フォーク・クルセダーズサディスティック・ミカ・バンド和幸などの音源も含まれている。

アートワーク[編集]

アートワークは島田光男が手がけ、ジャケットには加藤が好んだタータン・チェックの柄があしらわれ[1]、2枚のCDのレーベル面もそれぞれ赤と緑に塗られている。ライナーノーツきたやまおさむが手がけており、「世界で一番美味しいケーキを食べた男」と題する文章を寄せている。なお、には以下のキャッチコピーが記載された。

フォーク、ロック、60's POPS風などスタイルは変わりながらも、素晴らしいメロディーメーカーであった天才の軌跡

収録曲 / アーティスト[編集]

全作曲:加藤和彦
楽曲の時間表記は当該CDに基づく。
アーティスト名を太字で記載。初発売年月と特記事項を付記。

DISC 1[編集]

  1. 不思議なピーチパイ / 竹内まりや - (4:22)
    作詞:安井かずみ、編曲:清水信之
    1980年2月シングル発売。
  2. ドゥー・ユー・リメンバー・ミー / 岡崎友紀 - (3:40)
    作詞:安井かずみ、編曲:加藤和彦
    1980年6月シングル発売。
  3. 白い色は恋人の色 / ベッツィ&クリス - (2:44)
    作詞:北山修、編曲:若月明人
    1969年10月シングル発売。
  4. 花のように / ベッツィ&クリス - (3:03)
    作詞:北山修、編曲:青木望
    1970年1月シングル発売。
  5. 妖精の詩 / アグネス・チャン - (2:50)
    作詞:松山猛、編曲:馬飼野俊一
    1973年4月シングル発売。
  6. みんな愛されるため / 伊東ゆかり - (2:29)
    作詞:北山修、編曲:馬飼野俊一
    1970年8月発売のアルバム『ゆかりの贈りもの』収録曲。小野和子や吉田真梨もカバーしている。
  7. さりげない二人 / やまがたすみこ - (3:41)
    作詞:喜多條忠、編曲:渡辺俊幸
    1975年7月発売のシングル「チューニング・ラブ」カップリング曲。
  8. チャイナ・ドール / 佐藤奈々子 - (4:11)
    作詞:佐藤奈々子、編曲:井上鑑
    1979年7月発売のアルバム『Kissing Fish』収録曲。
  9. ジャングル・ラブ / 高見知佳 - (3:33)
    作詞:安井かずみ、編曲:加藤和彦
    1981年3月シングル発売。
  10. シルバー・レイン / 宮本典子 - (5:12)
    作詞:安井かずみ、編曲:加藤和彦・清水信之
    1981年6月シングル発売。
  11. 卒業 / 沢田聖子 - (3:01)
    作詞:三浦徳子、編曲:国吉良一
    1982年1月シングル発売。
  12. どきどき旅行 / 岩崎良美 - (3:33)
    作詞:安井かずみ、編曲:清水信之
    1982年4月シングル発売。
  13. 愛・おぼえていますか / 飯島真理 - (5:10)
    作詞:安井かずみ、編曲:清水信之
    1984年6月シングル発売。
  14. ぼっくん!キミがいなきゃ / 伊藤かずえ - (3:40)
    作詞:北守花代子、編曲:矢野立美
    1986年5月シングル発売。特撮テレビドラマ「もりもりぼっくん」オープニング・テーマ。
  15. 愛のめぐり逢い / ジュディ・オング - (4:15)
    作詞:安井かずみ、編曲:国吉良一
    1987年3月シングル発売。「東芝日曜劇場」第4代オープニング・テーマ。
  16. いつまでも好きでいたくて / Wink - (4:41)
    作詞:秋元康、編曲:門倉聡
    1994年2月シングル発売。

DISC 2[編集]

  1. あの素晴しい愛をもう一度 / 加藤和彦と北山修 - (3:13)
    作詞:北山修、編曲:葵まさひこ
    1971年4月シングル発売。
  2. 悲しくてやりきれない / ザ・フォーク・クルセダーズ - (3:08)
    作詞:サトウハチロー、編曲:ありたあきら
    1968年3月シングル発売。
  3. タイムマシンにおねがい / サディスティック・ミカ・バンド - (4:17)
    作詞:松山猛、編曲:サディスティック・ミカ・バンド
    1974年10月シングル発売。
  4. 家をつくるなら / 加藤和彦 - (2:24)
    作詞:松山猛、編曲:加藤和彦
    1971年10月発売のアルバム『スーパー・ガス』収録曲。
  5. 初恋の人に似ている / トワ・エ・モワ - (3:04)
    作詞:北山修、編曲:青木望
    1970年8月シングル発売。
  6. だいじょうぶマイ・フレンド / 乃生佳之 - (4:46)
    作詞:安井かずみ、編曲:清水信之
    1983年3月シングル発売。
  7. 愛のスーパー・マジック / 稲垣潤一 - (4:50)
    作詞:安井かずみ、編曲:TOPICS
    1986年3月発売のアルバム『REALISTIC』収録曲。
  8. パラレル / 吉田拓郎 - (5:12)
    作詞:安井かずみ、編曲:加藤和彦
    1986年9月発売のアルバム『サマルカンド・ブルー』収録曲。
  9. ジャスト・ア・RONIN / 吉田拓郎・加藤和彦 - (4:16)
    作詞:安井かずみ、編曲:瀬尾一三
    1985年12月シングル発売。映画「幕末青春グラフィティ Ronin 坂本竜馬」劇中歌。
  10. 悲しくてやりきれない / 奥田民生 - (3:36)
    作詞:サトウハチロー、編曲:奥田民生
    2002年3月発売のシングル「花になる」カップリング曲。
  11. シンガプーラ / 杏子 - (3:32)
    作詞:安井かずみ、編曲:土屋昌巳
    2003年8月シングル発売。
  12. 白い色は恋人の色 / ザ・フォーク・クルセダーズ - (2:55)
    作詞:北山修、編曲:加藤和彦
    2002年10月発売のアルバム『戦争と平和』収録。
  13. Big-Bang,Bang! (愛的相対性理論) / サディスティック・ミカ・バンド - (4:30)
    作詞:松山猛
    2006年10月発売。木村カエラを迎えて制作されたアルバム『NARKISSOS』収録曲。
  14. スゥキスキスゥ / VITAMIN-Q featuring ANZA - (3:50)
    作詞:森雪之丞
    2008年12月発売のアルバム『VITAMIN-Q』収録曲。
  15. 不思議な日 / 和幸 - (2:55)
    作詞:松山猛
    2009年2月発売のアルバム『ひっぴいえんど』の通常盤ボーナス・トラックとして収録。
  16. 帰って来たヨッパライ / ザ・フォーク・クルセダーズ - (3:21)
    作詞:松山猛、きたやまおさむ、編曲:ザ・フォーク・クルセダーズ
    1967年12月シングル発売。

クレジット[編集]

  • 企画:柿崎譲志・石田雅裕
  • A&R:衛藤邦夫
  • アート・ディレクション:島田光男
  • 編集:藤村良太
  • 販売:舩木涼子
  • マスタリング:佐藤洋
  • Special Thanks:宮脇秀有

発売履歴[編集]

形態 発売日 品番 レーベル アートワーク 解説 リマスタリング 備考
CD 2012年10月3日 COCP-37459-60 日本コロムビア 島田光男 きたやまおさむ 佐藤洋 【初出】WRITER'S SONGBOOK SERIES

参考文献[編集]

  • 『加藤和彦 あの素晴しい音をもう一度』 文藝別冊 (編)、河出書房新社、2010年2月。ISBN 978-4-30-997731-7。
  • MEN'S Precious 2010年秋号』 小学館、2010年10月。
  • 『MEN'S Precious 2010年冬号』 小学館、2010年12月。
  • 『エゴ〜加藤和彦、加藤和彦を語る』 前田祥丈 (聞き手・構成)、スペースシャワーネットワーク、2013年7月。ISBN 978-4-90-670088-2。

脚注[編集]

  1. ^ 『MEN'S Precious』2010年秋号 特集「加藤和彦 世紀の伊達男伝説」p.39、同2010年冬号 特集「加藤和彦 すべてに美学を貫いた人生」p.204 & 208

日本コロムビア