加藤哲郎 (政治学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
加藤 哲郎
(かとう てつろう)
人物情報
全名 加藤 哲郎
(かとう てつろう)
生誕 (1947-01-16) 1947年1月16日(71歳)
日本の旗 日本 岩手県盛岡市
学問
研究分野 政治学
比較政治学
現代史
研究機関 名古屋大学
一橋大学
早稲田大学
称号 一橋大学名誉教授
テンプレートを表示

加藤 哲郎(かとう てつろう、1947年1月16日 - )は、日本政治学者一橋大学名誉教授、早稲田大学客員教授。

略歴[編集]

人物[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『国家論のルネサンス』(青木書店、1986年)
  • 『ジャパメリカの時代に――現代日本の社会と国家』(花伝社、1988年)
  • 『社会主義と組織原理』(窓社、1989年)
  • 『戦後意識の変貌』(岩波書店、1989年)
  • 『東欧革命と社会主義』(花伝社、1990年)
  • 『社会主義の危機と民主主義の再生――現代日本で市民であること』(教育史料出版会、1990年)
  • コミンテルンの世界像――世界政党の政治学的研究』(青木書店、1991年)
  • 『ソ連崩壊と社会主義――新しい世紀へ』(花伝社、1992年)
  • 『社会と国家』(岩波書店、1992年)
  • 『国民国家のエルゴロジー――『共産党宣言』から『民衆の地球宣言』へ』(平凡社、1994年/平凡社ライブラリー版、2002年)
  • 『モスクワで粛清された日本人――30年代共産党と国崎定洞・山本懸蔵の悲劇』(青木書店、1994年)
  • 『現代日本のリズムとストレス――エルゴロジーの政治学序説』(花伝社、1996年)
  • 『20世紀を超えて――再審される社会主義』(花伝社、2001年)
  • 『象徴天皇制の起源――アメリカの心理戦「日本計画」』(平凡社[平凡社新書]、2005年)
  • 『情報戦の時代――インターネットと劇場政治』(花伝社、2007年)
  • 『情報戦と現代史─―日本国憲法へのもうひとつの道』(花伝社、2007年)
  • 『ワイマール期ベルリンの日本人――洋行知識人の反帝ネットワーク』(岩波書店、2008年)
  • 『日本の社会主義――原爆反対・原発推進の論理』(岩波現代全書、2013年)
  • 『ゾルゲ事件――覆された神話』(平凡社新書、2014年)

共著[編集]

  • 伊藤正直・高橋祐吉・田端博邦・寺西俊一)『これからの日本を読む――現代社会入門』(労働旬報社、1987年)
  • (井上純一・鈴木浩・橋本和孝・三井逸友)『東京――世界都市化の構図』(青木書店、1990年)
  • 川上武)『人間国崎定洞』(勁草書房、1995年)

共編著[編集]

  • (ロブ・スティーヴン)『国際論争・日本型経営はポスト・フォーディズムか?』(窓社、1993年)
  • 田口富久治小野耕二中谷義和)『講座現代の政治学(全3巻)』(青木書店、1994年)
  • 石上英一・工藤善通・五味文彦高埜利彦西成田豊藤井譲治由井正臣和田晴吾)『岩波日本史辞典』(岩波書店、1999年)
  • 渡辺雅男)『20世紀の夢と現実――戦争・文明・福祉』(彩流社、2002年)
  • (島崎爽助)『島崎蓊助自伝――父・藤村への抵抗と回帰』(平凡社、2002年)
  • 國廣敏文)『グローバル化時代の政治学』(法律文化社, 2008年)
  • (田中ひかる・堀江孝司・小野一)『国民国家の境界(政治を問い直す)』(日本経済評論社、2010年)
  • (神山伸弘・今井晋哉)『差異のデモクラシー(政治を問い直す)』(日本経済評論社、2010年)
  • 丹野清人)『民主主義・平和・地球政治』(日本経済評論社、2010年)
  • (井川充雄)『原子力と冷戦―日本とアジアの原発導入』(花伝社、2013年)

訳書[編集]

  • マーティン・カーノイ『国家と政治理論』(御茶の水書房、1992年)
  • ウィリアム・F・フィッシャー、トーマス・ポニア編『もうひとつの世界は可能だ――世界社会フォーラムとグローバル化への民衆のオルタナティブ』(日本経済評論社、2003年)

脚注[編集]

  1. ^ [1]cakes

関連項目[編集]