加藤善行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

加藤 善行(かとう ぜんこう、1947年6月19日 - )は、元競輪選手富士大学自転車競技部監督[1]岩手県出身。日本競輪学校第29期生。

来歴[編集]

岩手県立紫波高等学校日本大学を卒業後、社会科の教諭を経て、1971年に第29期生として日本競輪学校に入学。同期には、デビュー戦以降21連勝を達成することになる同郷の阿部良二トヨタ自動車のサラリーマンから転身した久保千代志天野康博らがいた。デビュー戦は1972年4月9日取手競輪場(1着)。

1973年には、日本のプロ自転車選手として初めて、プロロードレースの世界選手権に出場。 同年、第20回全日本プロ選手権自転車競技大会の4km個人パーシュートにおいて初出場で優勝。

一方、競輪においても1975年の3月には第28回日本選手権競輪で初めて決勝に進出(6着)すると、同年9月に前橋競輪場で初めて特別競輪が開催された第18回オールスター競輪において、当時、地元・群馬の2強であった福島正幸稲村雅士を撃破し優勝。同期の中で最初に特別競輪(現在のGI)を制覇した。

長い間活躍を続けていたが、2002年7月31日に選手登録削除。通算勝利数345。

脚注[編集]

  1. ^ [1] 2014年6月24日 富士大学広報係