加藤外松

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

加藤 外松(かとう そとまつ、1890年明治23年)3月 - 1942年昭和17年)2月12日)は、日本外交官。元駐フランス特命全権大使

人物・経歴[編集]

富山県高岡市木町出身[1]。1911年神戸高等商業学校(現神戸大学)卒業[2]高等文官試験外交官及領事官試験に合格し、1914年ニューヨーク領事官[3]。在フランス外交官補[4]外務省欧米局第二課長、在中華民国公使館一等書記官天津総領事等を経て[3]、1935年駐カナダ特命全権公使[5]。1941年から駐フランス特命全権大使を務め、ヴィシー政府フランソワ・ダルラン副首相と会談するなどして、南部仏印進駐の承認を得た。1942年官吏薨去[6][7][8]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 朝倉吉彦編著 加藤外松略伝 : 富山県高岡市木町出身異色の外交官 : 1890~1942
  2. ^ 「同窓会・同窓人・関係諸団体」 神戸大学
  3. ^ a b 加藤外松 (男性) 人事興信録データベース(名古屋大学)
  4. ^ 「敍任及辭令 / - / - / 加藤外松(外務省) 」 官報. 1918年05月08日 官報
  5. ^ 歴代 駐カナダ日本国大使 リスト 在カナダ日本国大使館
  6. ^ 第 8 編 第二次世界大戦の勃発と悪化する日米関係 一般社団法人日本郷友連盟
  7. ^ 「親任式 特命全權大使加藤外松」 官報. 1941年01月25日 官報
  8. ^ 「官吏薨去 特命全權大使加藤外松 」 官報. 1942年02月21日 官報