加藤幸雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

加藤 幸雄(かとう さちお、1947年2月3日 - 2018年11月25日)は、日本心理学者臨床心理士日本福祉大学名誉教授。専門は臨床心理学社会心理学、非行・青少年心理、司法福祉。

日本福祉大学学長、日本司法福祉学会常任理事・学会長、愛知県公園協会理事などを務める。

人物[編集]

愛知県名古屋市出身[1]。少年の非行心理、犯罪心理、司法福祉について、心理学の見地から研究している。また、少年事件における犯罪鑑定報告を多数行っている。

愛知県立刈谷高等学校の男子生徒が2011年6月に自殺した問題についての第三者委員会委員長を務めている[2]

2018年11月25日に脳挫傷の後遺症のため死去。71歳没[1]

経歴[編集]

著作[編集]

  • 『青春と非行 非行の発達心理学』(ミネルヴァ書房、1980年)
  • 『司法福祉の焦点 少年司法分野を中心として 』(ミネルヴァ書房、1994年)
  • 『子どもと青年の心の援助』(ミネルヴァ書房、2000年)
  • 『非行臨床と司法福祉 少年の心とどう向きあうのか 』(ミネルヴァ書房、2003年)
  • 『改訂 臨床心理学』(みらい、2005年)
  • 『四訂版 社会福祉実習』(中央法規出版、2005年)
  • 『Q&A 少年事件と裁判員裁判-少年の立ち直りと向き合う裁判員のために-』共著(明石書店、2009年)
  • 『相談援助実習』共著(中央法規出版、2010年)

脚注[編集]

[ヘルプ]