加藤徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

加藤 徹(かとう とおる、1963年[注 1] - )は、東京都生まれの中国文学研究者、小説家明治大学法学部教授。小説家としてのペンネーム嘉藤 徹

経歴[編集]

東京都北区赤羽に生まれ、千葉県柏市豊四季台団地千葉市稲毛に育つ。千葉大学教育学部附属中学校から開成高等学校を経て、1987年東京大学文学部中国文学科卒業、1993年同大学院博士課程単位取得満期退学1990年から一年間北京大学に学ぶ。 1993年広島大学総合科学部専任講師、1997年助教授、2006年広島大学総合科学研究科助教授、2006年10月明治大学法学部助教授、2007年准教授、10月教授。

北京風雷京劇団東京公演実行委員会顧問。2008年11月5日号の日本中国友好協会非主流派ホームページにおいて紹介される[2]

受賞[編集]

2004年『京劇』でサントリー学芸賞受賞。

著書[編集]

  • 京劇 「政治の国」の俳優群像』 (中央公論新社〈中公叢書〉、2004年) ISBN 978-4120032240。サントリー学芸賞受賞
  • 西太后 大清帝国最後の光芒』(中公新書、2005年) ISBN 978-4121018120
  • 『漢文の素養 誰が日本文化をつくったのか?』(光文社新書、2006年) ISBN 978-4334033422
  • 『貝と羊の中国人』(新潮新書、2006年) ISBN 978-4106101694
  • 『漢文力』(中央公論新社、2004年、中公文庫、2007年) ISBN 978-4122049024
  • 『怪力乱神』(中央公論新社、2007年)
    • 『怪の漢文力 中国古典の想像力』(中公文庫、2010年)
  • 梅蘭芳 世界を虜にした男』(ビジネス社、2009年)ISBN 978-4828414867
  • 『絵でよむ漢文』(朝日出版社、2010年、新版2013年)ISBN 978-4255007045
  • 『中国古典からの発想 漢文・京劇・中国人』(中央公論新社、2010年)ISBN 978-4120041488
  • 『本当は危ない「論語」』NHK出版新書、2011年
  • 『中国人の腹のうち』廣済堂新書、2011年
  • 『白文攻略 漢文法ひとり学び』白水社、2013年

共著[編集]

小説[編集]

  • 嘉藤徹『倭の風 小説「卑弥呼」後伝』(PHP研究所、1996年、中公文庫、2013年)、後者は「加藤徹」名義
  • 嘉藤徹『小説 封神演義』(PHP文庫、2000年) ISBN 978-4569574257

メディア出演[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 誕生日は非公開だが、ふたご座5月21日 - 6月21日)であることを明かしている[1]

出典[編集]

  1. ^ お誕生日はいつですか?”. Peing -質問箱- (2019年10月8日). 2021年2月28日閲覧。
  2. ^ 私と中国〈769〉[リンク切れ]

関連項目[編集]