加藤憲一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
加藤 憲一
かとう けんいち
生年月日 (1964-05-11) 1964年5月11日(54歳)
出生地 神奈川県小田原市
出身校 京都大学法学部
前職 会社経営者
所属政党 無所属
公式サイト 小田原市長 加藤けんいち(憲一)公式ホームページ

当選回数 3回
在任期間 2008年5月24日 - 現職
テンプレートを表示

加藤 憲一(かとう けんいち、1964年5月11日 - )は、日本政治家神奈川県小田原市長(3期)。

来歴[編集]

神奈川県小田原市出身。私立小田原愛児園卒園。小田原市立芦子小学校、小田原市立城山中学校、神奈川県立小田原高等学校卒業。1988年(昭和63年)3月、京都大学法学部卒業(ゼミは比較政治学[1])。同年、経営戦略コンサルティング会社に就職。1996年(平成8年)、自給自足を目指して独立。小田原市内にて林業、漁業、農業などを手がける[2]

2004年(平成16年)5月16日執行の小田原市選挙に無所属で出馬するも、現職の小澤良明に敗れ、落選。

2008年(平成20年)5月18日執行の小田原市長選挙に無所属で出馬し、初当選。投票率は、53.93%。2012年(平成24年)5月の選挙で2期目の当選を果たす。投票率は、41.87%。

2016年(平成28年)の小田原市長選挙では対立候補が現れず、無投票で3期目の当選を果たした。小田原市長選の無投票は59年ぶりであった。[3]

市政[編集]

  • 2019年4月1日、性的少数者(LGBTなど)のカップルをパートナーとして公的に認める「パートナーシップ制度」を開始した[4]

脚注[編集]

  1. ^ 加藤けんいちとは小田原市長 加藤けんいち(憲一)公式ホームページ
  2. ^ 加藤けんいちとは小田原市長 加藤けんいち(憲一)公式ホームページ
  3. ^ 神奈川・小田原市長選、加藤氏が無投票3選産経新聞
  4. ^ “パートナーシップ制度、小田原市が4月導入 県内2例目”. 神奈川新聞. (2019年2月22日). https://www.kanaloco.jp/article/entry-151348.html 2019年4月1日閲覧。