加藤成之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

加藤 成之(かとう よしゆき、1893年明治26年)9月6日[1] - 1969年昭和44年)6月30日[1][2])は、大正・昭和期の音楽教育者音楽学者政治家華族貴族院男爵議員。日本での音楽史研究、音楽美学の開拓者の一人[3]

経歴[編集]

医師・加藤照麿の二男として東京で生まれる[1][3][4]。父の死去に伴い、1925年11月2日、男爵を襲爵した[1][4][5]

1920年東京帝国大学文学部を卒業し[3][4]、さらに同大学院を修了した[2]1922年から1924年までフランスドイツに留学する[3][4]。帰国して、東京美術学校講師、東京高等音楽院講師、女子美術専門学校講師、東北帝国大学法文学部講師などを務めた[2][3][4]

1932年7月、貴族院男爵議員に選出され[6]公正会に所属して活動し、1947年5月2日の貴族院廃止まで2期在任した[2]。この間、米内内閣拓務参与官、演劇・映画・音楽等改善委員会委員、文部省委員などを務めた[2][4]

戦後、東京音楽学校長を務め、学制改革で東京芸術大学が発足した際に初代音楽学部長に就任した[3][7]。その他、女子美術大学理事長・学長、日本音楽学会会長なども務めた[7]

著作[編集]

  • 村田哲朗編『みもざの花』加藤貞子、1982年。

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 『平成新修旧華族家系大成』上巻、437-438頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』67頁。
  3. ^ a b c d e f 『日本人名大事典 現代』212頁。
  4. ^ a b c d e f 『人事興信録』第14版 上、カ26頁。
  5. ^ 『官報』第3958号、大正14年11月3日。
  6. ^ 『官報』第1664号、昭和7年7月18日。
  7. ^ a b 『人事興信録』第24版 上、か18頁。

参考文献[編集]

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『日本人名大事典 現代』平凡社、1979年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第24版 上、1968年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第14版 上、1943年。
日本の爵位
先代:
加藤照麿
男爵
加藤(弘之)家第3代
1925年 - 1947年
次代:
華族制度廃止