加藤明治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

加藤 明治(かとう あきはる、寛文5年(1665年) - 正徳元年12月2日1712年1月9日))は、近江水口藩の世嗣。

初代藩主・加藤明友の3男。正室は松平忠栄の娘(松平信通の養女)。子は加藤嘉矩(長男)、加藤明喬(次男)。官位は従五位下、周防守。

水口藩庶子として生まれ、貞享元年(1684年徳川綱吉に拝謁して新封1000俵を賜る。元禄元年(1688年)には中奥小姓となり、元禄6年(1693年)叙任。元禄10年(1697年)には新知1000石を給されたが、元禄15年(1702年)に子のなかった兄で2代藩主・加藤明英の養子となった。しかし、家督相続前の正徳元年(1711年)に死去。代わって、長男の嘉矩が嫡子となった。