加藤智章 (法学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

加藤 智章(かとう ともゆき、1956年2月[1]- )は、日本法学者社会保障法学者。専門は、年金法・医療保険法。法学博士北海道大学)。北海道出身

履歴[編集]

1979年小樽商科大学商学部卒業。1985年北海道大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。1985年山形大学人文学部専任講師。その後、同助教授を経て、1991年「フランス社会保障制度における自律と平等」で北海道大学にて法学博士受ける[2]。1995年新潟大学法学部教授。2004年新潟大学大学院実務法学研究科教授。2009年北海道大学大学院法学研究科教授。2016年北海道大学法学部長・同大学院法学研究科長[3]

エピソード[編集]

大学では道幸哲也ゼミに属し、大学院では保原喜志夫を師事した。

主著[編集]

  • 『医療保険と年金保険』(北海道大学図書刊行会、1995年)
  • 『社会保障法』(共著、有斐閣、2001年初版/2015年第6版)
  • 『新版 社会保障・社会福祉判例大系(全4巻)』(共編、旬報社、2009年)
  • 『18歳から考えるワークルール』(共編、法律文化社、2012年)
  • 『世界の医療保障』(共編、法律文化社、2013年)
  • 『社会保障核論』(旬報社、2016年)
  • 『世界の診療報酬』(編著、法律文化社、2016年)

脚注[編集]

  1. ^ 『北海道人物・人材情報リスト 第1巻』日外アソシエーツ、2014年
  2. ^ 博士論文データベース
  3. ^ researchmap/