加藤木重教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

加藤木 重教(かとうぎ しげのり、安政4年3月15日/グレゴリオ暦 1857年4月9日 - 1940年12月1日)は、明治期の工部省技師、日本の実業家である。電友社社長、東京商業会議所議員を歴任した。

経歴[編集]

陸奥国三春出身。家貧にして身分が低く、苦学して藩立講所に学ぶ。1871年(明治4年)、藩命により慶應義塾へ入学。海軍兵学校を目指すも年齢規程に間に合わず辞退。工学寮へ入り、工部省電信技術官へ任命される。1885年(明治18年)研究のため渡米を希望し工部省に辞職願いをだすも却下される[1]。1887年(明治20年)東京電信学校が設置され助教授(七等技手)となる[2]。1888年(明治21年)依願免官。渡米費用のため田中製作所(田中久重)に勤務する[3]。1889年(明治22年)3月田中製作所を辞職して4月研究のため渡米[4]。1890年(明治23年)7月帰国[5]。1890年(明治23年)より1896年(明治29年)まで三吉電機工場及深川電燈株式会社に技師として勤務[6]

日本工業協会設立に尽力し評議員になる。慶應義塾商業学校を支援し、慶應義塾維持寄付金募集を率先して行った。

1940年昭和15年)12月1日、死去した。満83歳没。

脚注[編集]

  1. ^ 『重教七十年の旅. 前編』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ 『重教七十年の旅. 前編』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ 『重教七十年の旅. 前編』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. ^ 『重教七十年の旅. 前編』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. ^ 『重教七十年の旅. 前編』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  6. ^ 『重教七十年の旅. 前編』(国立国会図書館デジタルコレクション)

参考文献[編集]

関連項目[編集]