加藤正之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
かとう まさゆき
加藤 正之
プロフィール
本名 加藤 正之[1]
性別 男性
出生地 日本の旗 日本福岡県小倉市(現・北九州市小倉北区[2]
死没地 日本の旗 日本東京都江戸川区[3]
生年月日 (1932-01-29) 1932年1月29日
没年月日 (1993-03-18) 1993年3月18日(61歳没)
職業 俳優声優
事務所 江崎プロダクション(最終所属)[4]
配偶者 あり[3]
公称サイズ([1]時点)
身長 / 体重 172 cm / 83 kg
俳優活動
活動期間 1950年代 - 1992年
ジャンル テレビドラマ舞台
声優活動
ジャンル アニメ吹き替え
声優:テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

加藤 正之(かとう まさゆき、1932年1月29日[4] - 1993年3月18日[3])は、日本男性俳優声優福岡県小倉市(現・北九州市小倉北区)出身[2]江崎プロダクションに所属していた[4]

概要[編集]

早稲田大学卒業[2]

NHK小倉放送劇団[5]、NHK福岡放送劇団[5]を経て、江崎プロダクションに所属していた[4]

特技は九州弁[5]

舞台で主に中年男性の役を多く演じ[2]NHKなどのテレビドラマでも同様な役で出演した。

また、洋画の吹き替えアニメのアフレコなど、声優としても活躍するようになり、特にテレビアニメドラえもん』(テレビ朝日版)の野比のび太の父・野比のび助役は1979年の放映開始から多くのファンに親しまれてきた[2]

穏やかな人物であり、『ドラえもん』では出番が少ないため、スタジオのロビーでコーヒーをたて、他の声優にサービスしていた[6]1992年10月に体調不良で途中降板。

1993年3月18日、咽頭癌のため東京都江戸川区の病院で死去[3]。61歳没。

後任[編集]

加藤の持ち役を引き継いだ人物は以下の通り

後任・代役 キャラクター名 概要作品 後任・代役の初担当作品
中庸助 野比のび助 ドラえもん(テレビ朝日版第1期) 1992年10月23日放送『シャワーでかくれんぼ』
ファットキャット チップとデールの大作戦』新吹き替え版 TBA
水鳥鐵夫 深井治 クッキングパパ 1992年10月8日放送『まことの相撲大会とカツ代ばあちゃん大恋愛』
玄田哲章 あめふりおに それいけ!アンパンマン それいけ!アンパンマン 虹のピラミッド
宝亀克寿 TBA
江川央生 ジャッカル 北斗の拳 北斗の拳 世紀末救世主伝説
小山武宏 サレク大使 宇宙大作戦 惑星オリオンの侵略 デジタルリマスター版追加吹き替え
高岡瓶々 カーマイン・リッカ ダーティハリー2テレビ朝日 WOWOW版追加吹き替え

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 鬼平犯科帳 第44話「おみよは見た」(1970年、NET / 東宝) - 岡っ引

特撮[編集]

  • 仮面ライダーMBS / 東映
    • 第9話「恐怖コブラ男」(1971年) - 警備員
    • 第77話「怪人イモリゲス じごく牧場の決斗!」(1972年) - 三上茂一

テレビアニメ[編集]

1968年

1973年

1974年

1976年

1977年

1978年

1979年

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

劇場アニメ[編集]

1979年

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

OVA[編集]

1987年

1988年

1989年

1991年

吹き替え[編集]

映画[編集]

ドラマ[編集]

アニメ[編集]

ナレーション[編集]

  • 世紀のドキュメント「栄光の零戦〜洋上に散った悲劇の翼〜」(1994年、制作:サンユーフィルムジャパン)

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『日本タレント名鑑(1992年版)』VIPタイムズ社、1992年、81頁。
  2. ^ a b c d e 加藤正之とは”. 2020年1月19日閲覧。
  3. ^ a b c d 夕刊読売新聞1993年3月19日19面「訃報 のび太のパパの声優 加藤正之氏」(読売新聞縮刷版1993年3月号p.967)読売新聞社
  4. ^ a b c d 掛尾良夫編「声優事典 男性篇 加藤 正之」『声優事典 第二版』キネマ旬報社、1996年3月30日、ISBN 4-87376-160-3、81頁。
  5. ^ a b c 『声優の世界-アニメーションから外国映画まで』朝日ソノラマファンタスティックコレクション別冊〉、1979年10月30日、77頁。
  6. ^ 松岡清治「第7章 パパ、ママの章 86 のび太のママの声は? 千々松幸子さん紹介」『ドラえもん 秘密のポケット』文化創作出版、1993年8月5日、ISBN 4-89387-067-X、176頁。