加藤民男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

加藤 民男(かとう たみお、1933年1月11日[1]- 2012年4月4日)は、フランス文学者

人物[編集]

神奈川県出身[2]1957年早稲田大学第一文学部フランス文学専修卒業、1962年同大学院文学研究科博士課程単位取得退学後、早稲田大学文学部専任講師、助教授、72年教授。1986年から1988年まで早稲田大学第二文学部長を務め、2003年定年退任、名誉教授の称号を得る。専門は、スタンダール研究。

著書[編集]

  • 『大革命以後 ロマン主義の精神』小沢書店 1981
  • 『スタンダール『赤と黒』』小沢書店 1991
  • コンスタン『アドルフ』 自我の魔に憑かれて』小沢書店 1997
  • 『フランス文学名作と主人公』(編)自由国民社 2009

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 『コンスタン『アドルフ』 自我の魔に憑かれて』著者紹介