加藤泰済

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
 
加藤泰済
Kato Yasuzumi.jpg
加藤泰済像(如法寺蔵)
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 天明5年11月15日1785年12月16日)?
死没 文政9年9月20日1826年10月21日
改名 作内、泰済
別名 泰重、泰定
戒名 文竜院殿
墓所 東京都台東区松が谷三丁目の海禅寺
官位 従五位下遠江守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉
伊予大洲藩
氏族 加藤氏(光泰系)
父母 加藤泰候、知貞院
兄弟 泰済、泰倫、松平定信養女ら
松平定信娘保寿院、妙相院
泰幹松浦曜正室、栄子
テンプレートを表示

加藤 泰済(かとう やすずみ)は、江戸時代中期から後期にかけての大名。別名は泰重、泰定。伊予国大洲藩10代藩主。官位従五位下遠江守

略歴[編集]

9代藩主・加藤泰候の長男として誕生。幼名は作内。天明元年(1781年)生まれとの説もある。

天明7年(1787年)、父の死去により跡を継ぐ。幕命による公役の負担、藩で相次ぐ火災や大洪水による天災などにより、藩財政は大いに悪化した。このため倹約令を出し、家臣の知行削減を厳しく行なった。文政元年(1818年)頃には効果が現れて、藩財政は安定したといわれている。また、文武を奨励し、商礼条目制定による商業統制なども行なった。

文政9年(1826年)9月20日に死去し、跡を長男の泰幹が継いだ。享年42。法号は文竜院殿。墓所は東京都台東区松が谷の海禅寺

系譜[編集]