加藤磐斎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

加藤 磐斎(かとう ばんさい、寛永2年(1625年) - 延宝2年8月11日1674年9月10日)は、江戸時代前期の歌人俳人、和学者。出生地は摂津国山田。通称は新太郎。踏雪・臨淵の軒号、冬木斎・等空・磐斎などの号を用いた。なお、「盤斎」は誤りである[1]

伊勢物語新抄、土佐日記見聞抄、清少納言枕草子抄、方丈記抄、徒然草抄、諷増抄、百人一首抄、新古今増抄、三部抄増註、俳諧歌(俳論書)などを著す。

参考文献[編集]

  • 小高敏郎「加藤磐斎の伝とその文事」、『近世初期文壇の研究』、明治書院、1964年
  • 藤関吉徳「加藤磐斎伝記考証」、「国文学」、関西大学、第63号、1986年10月

[編集]

  1. ^ 小高敏郎『近世初期文壇の研究』明治書院(原著1964年11月)、p. 367。ASIN B000JAEZHU