加藤竜馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
加藤 竜馬 Football pictogram.svg
名前
愛称 リュウマ
ラテン文字 KATO Ryuma
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1989-07-26) 1989年7月26日(30歳)
出身地 兵庫県神戸市
身長 163cm
体重 60kg
選手情報
在籍チーム バルドラール浦安
ポジション アラ
背番号 10
利き足
ユース
神戸FCボーイズ
ヴィッセル神戸ジュニアユース
神戸弘陵学園高校
神戸FCシニアA
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
????-2010 デウソン神戸アスピランチ
2010-2012 デウソン神戸
2012-2014 バルドラール浦安セグンド
2013- バルドラール浦安
代表歴
兵庫県選抜
U-21日本代表
U-24日本代表
2014- 日本代表
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

加藤 竜馬(かとう りゅうま, 1989年7月26日 - )は、兵庫県神戸市出身のフットサル選手。バルドラール浦安所属。元フットサル日本代表

ヴィッセル神戸監督の加藤寛は父。フットサル日本女子代表でアルコイリス神戸所属の加藤正美は妹。

経歴[編集]

父親の加藤寛ヴィッセル神戸で働いていたこともあり、幼稚園の頃にサッカーを始めた。第4種年代では神戸フットボールクラブボーイズ、第3種年代ではヴィッセル神戸ジュニアユース、第2種年代では神戸弘陵学園高校、高校卒業後は関西社会人サッカーリーグ1部の神戸フットボールクラブ・シニアAでプレー。

高校卒業後にフットサルに出会い、デウソン神戸アスピランチに加入。2012年まではデウソン神戸のトップチームでプレーした。2012年に関東フットサルリーグのバルドラール浦安セグンドに移籍し、2012-13シーズンは背番号30を付けてセグンドでプレー。2013年11月に特別指定選手登録されてトップチームでもプレーし、2013-14シーズンはFリーグで14試合出場2得点を記録。2014年に正式にトップチームに昇格し、背番号8。2014年8月、日本代表候補に初選出された[1]。12月19日のクロアチア代表戦(駒沢体育館)でデビューして初ゴールも決めた[2][3]

2018/2019シーズンより、背番号10となり、チームキャプテンを務めている。

2019年7月19日、ペスカドーラ町田戦でFリーグ通算200試合出場を達成した[4]

所属クラブ[編集]

サッカー
フットサル

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 オーシャン杯 全日本選手権 期間通算
2010-11 神戸 Fリーグ 14 0
2011-12 ?? ?
2012-13 浦安セグンド 30 関東1部 ?? 2
2013-14 浦安 24 Fリーグ 14 2 1 0 4 4
2014-15 8 32 12 1 1 6 5
2015-16 33 15 2 0 6 2
2016-17 32 18 - 4 4
2017-18 31 13 4 1 6 2 41 16
2018-19 10 Fリーグ(F1) 33 20 2 1 3 1 38 22
2019-20 32 12 2 0
通算 日本 Fリーグ(F1)
日本
総通算

(2020年01月13日終了時点)

脚注[編集]