加藤誠之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

加藤 誠之(かとう せいし[1]1907年11月25日-1995年12月13日)は、日本の実業家トヨタ自動車販売取締役社長、取締役会長、トヨタ自動車相談役[1]、顧問、名古屋商工会議所副会頭[1]学校法人関西学院理事長などを歴任した。

略歴[編集]

1907年11月25日三重県伊勢市生まれ。甲陽中学校(現在の甲陽学院中学校・高等学校、4回卒)を経て、1930年関西学院高等商業学部を卒業。日本ゼネラルモータースへ入社。1937年、トヨタ自動車工業設立と同時に同社へ入社。1950年にトヨタ自動車販売設立に伴い、同社へ移る。1975年取締役社長、1982年取締役会長に就任。1982年、トヨタ自動車工業とトヨタ自動車販売との合併により設立されたトヨタ自動車の監査役、相談役に就任。1988年、同社顧問。神谷正太郎とともに、トヨタ販売網の基礎を作った。1989年から1992年まで、学校法人関西学院理事長を務めた。

1989年世界デザイン博覧会では博覧会協会理事長を務め、トヨタグループの会議の際に自ら入場券を売り歩くなどし、博覧会の成功に寄与した[1]

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 「デザイン博成功で光 時流の先へ 中部財界ものがたり 第17部 変わる名古屋財界<4>」中日新聞2014年8月15日付朝刊、地域経済面13ページ
  2. ^ a b 歴代の会長・副会長・社長(含 受章歴)トヨタ自動車

参考文献[編集]

  • 私の履歴書、日本経済新聞、1980年7月。
  • 関西学院事典(2001年) ISBN 4-907654-31-6


先代:
神谷正太郎
トヨタ自動車販売社長
第2代:1975年 - 1979年
次代:
山本定藏
先代:
神谷正太郎
トヨタ自動車販売会長
第2代:1979年 - 1982年
次代:
豊田英二