加藤謙吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

加藤 謙吉(かとう けんきち、1948年 - )は、日本歴史学者。日本古代史(氏族研究)専攻。成城大学中央大学兼任講師

来歴[編集]

三重県生まれ。1976年早稲田大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。2001年「フミヒト制の研究」で早大博士(文学)

著書[編集]

  • 蘇我氏と大和王権』吉川弘文館 古代史研究選書、1983
  • 『大和政権と古代氏族』吉川弘文館、1991
  • 秦氏とその民 渡来氏族の実像』白水社、1998
  • 吉士西漢氏 渡来氏族の実像』白水社、2001
  • 『大和政権とフミヒト制』吉川弘文館、2002
  • 『大和の豪族と渡来人 葛城・蘇我氏と大伴・物部氏』吉川弘文館、歴史文化ライブラリー、2002
  • ワニ氏の研究』雄山閣、2013
  • 『渡来氏族の謎』祥伝社、2017
  • 『日本古代の豪族と渡来人 文献史料から読み解く古代日本』雄山閣、2018

共編著[編集]

  • 『日本古代史地名事典』関和彦遠山美都男仁藤敦史・前之園亮一共編、雄山閣、2007
  • 『NHKさかのぼり日本史 外交篇10、飛鳥〜縄文、こうして"クニ"が生まれた なぜ、列島に「日本」という国ができたのか』仁藤敦史・設楽博己共著 NHK出版、2013

参考[編集]