加藤重広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

加藤 重広(かとう しげひろ、1964年 - )は、日本日本語学者北海道大学教授。専門は語用論。青森県八戸市出身。

人物[編集]

青森県生まれ。1990年東京大学文学部言語学科卒、96年同大学院博士課程満期退学、富山大学人文学部専任講師、1997年助教授、2005年北海道大学文学研究科助教授、07年准教授、2011年教授。2000年「日本語における修飾構造と品詞体系」で文学博士。2003年『日本語修飾構造の語用論的研究』で第22回新村出賞受賞。2016年日本語用論学会会長。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『日本語学のしくみ』研究社 シリーズ・日本語のしくみを探る 2001年10月
  • 『みんなの日本語教室』三笠書房 2001年6月
  • 『日本語修飾構造の語用論的研究』ひつじ書房 2003年7月
  • 『日本語語用論のしくみ』研究社 シリーズ・日本語のしくみを探る 2004年7月
  • 『日本語文法入門ハンドブック』研究社 2006年12月
  • 『ことばの科学』ひつじ書房 学びのエクササイズ 2007年4月
  • 『その言い方が人を怒らせる ことばの危機管理術』ちくま新書 2009年11月
  • 『日本語統語特性論』北海道大学出版会 2013年4月
  • 『日本人も悩む日本語 ことばの誤用はなぜ生まれるのか』朝日新書 2014年10月
  • 『日本語語用論フォーラム 1』ひつじ書房 2015年12月

共編著[編集]

  • 『言語学入門 これから始める人のための入門書』 佐久間淳一,町田健共著 研究社 2004年11月
  • 『日本語を知るための51題 日本語のこと、あなたはどれだけ知っていますか?』 吉田朋彦共著 研究社 2004年12月
  • 『言語研究の射程』 吉田浩美共編著 ひつじ書房 2006年6月
  • 『情報科学と言語研究』 佐藤知己共編著 現代図書 2016年4月
  • 『基礎から学ぶ 音声学講義』 安藤智子共著 研究社 2016年7月
  • 『語用論研究法ガイドブック』 滝浦真人共編著 ひつじ書房 2016年12月
  • 『日本語語用論フォーラム 2』 滝浦真人共編著 ひつじ書房 2017年12月