加藤隆久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

加藤 隆久(かとう たかひさ、1934年8月28日 - )は、神職、神道学者、神戸女子大学名誉教授。

岡山県生まれ。号・白鳳。父錂次郎が生田神社宮司になり神戸に移住[1]甲南大学文学部国文科卒、國學院大學大学院神道学科博士課程満期退学。1986年「神道津和野教学の研究」で國學院大學文学博士。1961年生田神社神職。神社本庁常務理事を経て86年生田神社宮司。神社本庁長老。神戸女子大学文学部教授、家政学部教授、名誉教授。1997年神戸市文化賞受賞。2000年兵庫県文化賞受賞。2013年兵庫県県勢高揚功労賞受賞。神戸史談会会長。神戸芸術文化会議議長。神戸ビエンナーレ組織委員会会長。日本民俗芸能団長として数多くの海外公演をおこなう[2]筒井康隆とは友人[3]

著書[編集]

  • 『神社の史的研究』桜楓社 1976
  • 『へそだんご 神と人との出合い』同朋舎 1978
  • 『神道津和野教学の研究』国書刊行会 1985
  • 敦盛の萩 神と人との出会い』国書刊行会 1997
  • 『神道文化研究の諸相』国書刊行会 1997
  • 『生田神社』学生社 2005
  • 『生田の森 神と人との出会い』国書刊行会 2010
  • 『とつくにの旅 歌集』国書刊行会 2010
  • 『生田の杜とミナト神戸の事始め』戎光祥出版 2014
  • 『よみがえりの社と祭りのこころ』戎光祥出版 2014

共編著・監修[編集]

  • 『神道大系 神社編 6 河内・和泉・摂津国』二宮正彦共校注 神道大系編纂会 1981
  • 岡熊臣集 神道津和野教学の研究』編 国書刊行会 1985
  • 『神葬祭大事典』編 戎光祥出版 1997
  • 熊野三山信仰事典』編 戎光祥出版 神仏信仰事典シリーズ 1998
  • 『諸祭祝詞例文集成 平成版』櫻井勝之進共編 国書刊行会 1999
  • 『熊野大神 蘇りの聖地と神々のちから』監修 戎光祥出版 イチから知りたい日本の神さま 2008
  • 『祝詞用語用例辞典』土肥誠,本澤雅史共編著 戎光祥出版 2011

脚注[編集]

  1. ^ 神戸新聞
  2. ^ 『生田の杜とミナト神戸の事始め』著者紹介
  3. ^ 『神葬祭大事典』に筒井が文章を寄せている