加藤雅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

加藤 雅(かとう まさし、1937年1月1日 - 2005年6月23日)は、東京都出身の経済学者、元経済企画庁経済企画審議官。

人物[編集]

東京大学経済学部卒業1962年経済企画庁入庁。オックスフォード大学留学を経て、調査局海外調査課長、国民生活局局長、経済企画審議官。1985年1987年には経済白書執筆を担当。

1994年東京経済大学経済学部教授。日本経済調査協議会特別顧問。

研究分野は、経済政策規制緩和、景気変動論。所属学会は日本計画行政学会、景気循環学会、統計研究会、日本財政学会。

2005年6月23日、心不全のため神奈川県川崎市内の病院にて逝去[1]。68歳歿。

経歴[編集]

  • 1955年 - 広島大学附属福山高等学校 卒業
  • 1959年 - 東京大学経済学部経済学科 卒業
  • 1959年 - 日新電機 入社
  • 1960年 - 日新電機 退社
  • 1962年 - 東京大学経済学部商業学科 卒業
  • 1962年 - 経済企画庁入庁、調査局統計課兼総合開発局
  • 1965年 - オックスフォード大学クライスト・チャーチ校 入学
  • 1968年 - OECD 事務局員(経済統計局国別経済分析担当・日本,スイス,オランダ経済の分析に従事)
  • 1973年 - 経済企画庁総合開発局総合開発課課長補佐
  • 1974年 - 経済企画庁調査局内国調査課課長補佐
  • 1975年 - 経済企画庁物価局物価政策課課長補佐
  • 1977年 - 長官官房参事官兼日本経済研究センター主任研究員
  • 1980年 - 経済企画庁総合計画局計画官(労働、産業)
  • 1983年 - 経済企画庁調査局海外調査課長(世界経済白書作成)
  • 1985年 - 経済企画庁調査局内国調査第一課長(経済白書作成)
  • 1987年 - 経済企画庁長官官房秘書課長
  • 1988年 - 経済企画庁長官官房経済企画参事官兼調査局審議官
  • 1990年 - 経済企画庁物価局審議官(兼務)
  • 1990年 - 経済企画庁国民生活局長
  • 1994年 - 経済企画審議官
  • 1994年 - 経済企画庁退職、東京経済大学経済学部教授に就任
  • 2005年 - 死去

関連[編集]

著書[編集]

共著[編集]

出典[編集]

脚註[編集]

  1. ^ 加藤雅氏死去 東京経済大教授 共同通信 47News 2005年6月24日閲覧