加計正文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

加計 正文(かけ まさふみ、1881年明治14年)2月2日[1] - 1969年(昭和44年)[2])は、日本政治家・広島県山県郡加計町長[3]実業家、広島県多額納税者[4][5][6]。加計銀行頭取[3]。三篠商事、昭和興業各取締役[4]加計隅屋22代当主。

人物[編集]

広島県山県郡加計町(現安芸太田町)出身。加計八右衛門の長男[4][7][8]1898年[8]、あるいは1906年[5][7][9]第六高等学校一部甲類を卒業[4][9]東京帝国大学文科に修学[3]夏目漱石門下であった。1905年時点で家督を継ぐため帝大を中退している[2]1917年、正式に家督を相続した[4][8]

加計銀行頭取、加計町長2期、郡教育会長、1913年以来広島地方森林会議員、県山林会理事、県産業調査会委員等に選ばれ、加計銀行が芸備銀行と合併後芸備銀行加計支店長、山林会副会頭[3]貴族院多額納税者議員選挙の互選資格を有した[1]鈴木三重吉の友人であった。趣味は読書[5][7]。宗教は神道[5][7]

漱石との関係[編集]

夏目漱石が帝国大英文科教授を務めていた時の教え子の一人が正文である[10]

漱石の肉声が録音されたろう管レコードが加計家に残る。加計家を継ぐため帝大を中退し帰郷していた正文は慕っていた漱石の談話を残そうと銀座十字屋楽器店で蓄音機を購入し、1905年(明治38年)10月27日中川芳太郎とともに漱石のともに訪れ録音した。内容は、食うために一高で英語教師をしていること、冗談で一高生にcondorを近藤禿鷹と訳してみせたこと、18世紀の英国政治は理解しがたい面があること、と1分30秒程度で語られている。正文は録音したものを持ち帰り懐かしんで時々聞いていたが劣化して聞き取りにくくなったため1919年(大正8年)蔵の奥にしまった。その後親友の鈴木三重吉や小宮豊隆から頼まれ何度か蔵から出したものの、その時点ですでに聞くことができなかったという。のちに研究機関等で復元が試みられたが、劣化が激しく音声再生の復元は難しいとされている。なお加計家にはこれを含めて5本ろう管レコードが残っており、3本は内容不明、残り1本が三重吉による『潮来節[2][10]

漱石の小説『それから』の主人公・代助の友人の但馬町長のモデルが正文であると言われている。また漱石が正文に宛てた手紙の中に『猫の墓』に登場する墓を建てたことが書かれており、この手紙は加計家で保存されている[11]

三重吉の小説『山彦』は、三重吉が親友の正文を訪ね加計家の山荘吉水園に滞在したときに構想を練って出来上がった[12]

家族・親族[編集]

加計家

広島県広島市上柳町[3]、山県郡加計町[5][8][9]

  • 父・八右衛門[5]
  • 三千二(妻・ノブは広島、森脇恒雄の四女)[7]
1887年 -
  • (妻・ミエは広島、藤原喜太郎の長女)[7]
1905年 -
1888年 -
  • 長女・八重(広島、河相清の妻)[5]
1908年 -
1911年 -
  • 男・研次郎(横浜護謨製造会社勤務)[5][8]
1914年 -
1917年 -
1920年 -
  • 孫・正弘(加計隅屋24代当主、日新林業代表取締役、加計学園理事)
親戚

脚注[編集]

  1. ^ a b 『全国貴族院多額納税者議員互選人名総覧』70頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年10月9日閲覧。
  2. ^ a b c 朝倉利光 (1992年6月10日). “古蝋管レコード資料からの音声再生”. 応用物理学会. doi:10.11470/oubutsu1932.61.556. 2018年10月9日閲覧。
  3. ^ a b c d e 『広島県紳士録 昭和8年版』22頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年10月9日閲覧。
  4. ^ a b c d e 『人事興信録 第9版』カ4頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年10月9日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j 『人事興信録 第12版 上』カ4頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年10月9日閲覧。
  6. ^ 『日本紳士録 第29版』附録 全国多額納税者 広島県63頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年10月9日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h 『人事興信録 第11版 上』カ4頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年2月14日閲覧。
  8. ^ a b c d e f 『人事興信録 第13版 上』カ3頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年10月9日閲覧。
  9. ^ a b c 『人事興信録 第8版』カ3頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年10月9日閲覧。
  10. ^ a b 図書館だより vol.25 (PDF)”. 北海学園大学附属図書館報 (2003年12月10日). 2018年10月9日閲覧。
  11. ^ 日新林業「三段峡 たたらの森」森林吸収源・生物多様性等調査報告書・証明書 (PDF)”. 日本森林技術協会. 2018年10月9日閲覧。
  12. ^ 山彦文学碑”. 広島市立図書館. 2018年10月10日閲覧。

参考文献[編集]

  • 交詢社編『日本紳士録 第29版』交詢社、1925年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第8版』人事興信所、1928年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第9版』人事興信所、1931年。
  • 『全国貴族院多額納税者議員互選人名総覧』銀行信託通信社出版部、1932年。
  • 『広島県紳士録 昭和8年版』西日本興信所、1933年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第11版 上』人事興信所、1937-1939年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第12版 上』人事興信所、1940年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 上』人事興信所、1941年。

関連項目[編集]