加賀爪上杉家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

加賀爪上杉家(かがつめうえすぎけ)は、日本の氏族の一つ。関東管領を世襲した上杉氏の一族。

出自・概略[編集]

加々爪氏とも書かれる。上杉氏は藤原北家勧修寺流の流れを汲む名家である。加賀爪家は、八条上杉家の上杉満定の末裔である。満定の子の政定が今川範政猶子として迎えられ、そのまま駿河に土着し、政定の子である忠定が加賀爪を称した。後に徳川家旗本となり、出世して一時的に譜代大名となるが改易された。

歴代当主[編集]

  1. 上杉政定
  2. 加賀爪忠定
  3. 加賀爪政泰
  4. 加賀爪泰定
  5. 加賀爪政豊
  6. 加賀爪政尚
  7. 加賀爪忠澄
  8. 加賀爪直澄
  9. 加賀爪直清

系譜[編集]

関連項目[編集]