加賀爪政尚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
加賀爪政尚
時代 安土桃山時代
生誕 永禄5年(1562年
死没 文禄5年閏7月13日1596年9月5日
別名 加々爪政尚、通称:甚十郎、民部、隼人正
墓所 埼玉県東松山市の高済寺(高坂館跡)
官位 従五位下備後守[1]
主君 徳川家康
氏族 加賀爪上杉家
父母 父:加賀爪政豊
兄弟 政尚、政増[2]、服部保次室、
小笠原吉次正室、本間政季室
養兄弟:保定(服部保次子[3]
忠澄など

加賀爪 政尚(かがつめ まさなお)は、安土桃山時代武将徳川氏の家臣。加賀爪上杉家6代当主。武蔵国高坂館主。姓は加々爪とも表記する。

略歴[編集]

永禄5年(1562年)、扇谷上杉家の末裔である加賀爪政豊の子として誕生。

若くして徳川家康に仕え、天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いで敵を討ち取る武功を挙げた。その後豊臣政権における九州平定小田原征伐奥州仕置に従軍した。近習として仕え、武蔵国比企郡相模国高座郡で3,000石を領した。

文禄5年(1596年)、慶長伏見地震伏見城の城門の下敷きとなり没した。

脚注[編集]

  1. ^ 『断家譜』では備前守。
  2. ^ 甚平、新三郎。
  3. ^ 母は政豊の娘。

出典[編集]