加賀町警察署

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Asahikage.svg 神奈川県加賀町警察署 Japanese Map symbol (Police station).svg
Kagacho-PoliceOffice.JPG
都道府県警察 神奈川県警察
管轄区域 横浜市中区のうち
元町山下町(279番地の1、山下ふ頭を除く。)、海岸通(1丁目1番地を除く。)、新山下一丁目、新山下二丁目、新山下三丁目、港町、尾上町、真砂町、常盤町、住吉町、相生町、太田町、弁天通、南仲通、本町、北仲通、元浜町、日本大通、横浜公園
課数 8
交番数 5
駐在所数 0
所在地 231-0023
横浜市中区山下町203番地
位置 北緯35度26分36.4秒 東経139度38分36.8秒 / 北緯35.443444度 東経139.643556度 / 35.443444; 139.643556座標: 北緯35度26分36.4秒 東経139度38分36.8秒 / 北緯35.443444度 東経139.643556度 / 35.443444; 139.643556
外部リンク 加賀町警察署
テンプレートを表示

加賀町警察署(かがちょうけいさつしょ)は、神奈川県警察が管轄する警察署の一つ。横浜市警察部隷下、第一方面に属する神奈川県警察建制序列第一位の筆頭警察署であり、県下で最も歴史の古い警察署の一つである。識別章所属表示はIA。

当署管轄区域内は神奈川県庁をはじめ横浜市役所中区役所横浜地方裁判所横浜地方検察庁警察本部を含む多くの官公庁舎及び企業ビルディングが建ち並ぶ、日本有数のオフィス街である一方、横浜スタジアム中華街山下公園元町商店街などの遊興、観光スポットの一面もみせる。管轄範囲は狭く、管内居住人口は県下各署に比べて少ないものの、労働人口及び観光客等の来訪により昼間帯の人口過密が著しい、国際都市「横浜」の中心部の治安を担っている。

管轄区域周辺ではしばしば各種デモ行進・パレード国際マラソンや花火大会等の大規模警備実施事案が発生するため、当署には警備部直轄警察隊(管区機動隊)が配備されている。

他の警察施設として、当署管内には神奈川県警察科学捜査研究所が存在する。

庁舎は横浜中華街の中心に建つ。現庁舎は大正15年に建設された旧庁舎のデザインを復元し、新築されている。なお、警察署名の「加賀町」は1879年から1899年の間外国人居留地に設けられた町名であり、地名としては現存しない。

管轄区域[編集]

所在地[編集]

組織[編集]

  • 署長(警視
  • 副署長(警視)
  • 警務課
  • 会計課
  • 生活安全課
  • 地域課
  • 刑事課
  • 交通課
  • 警備課
  • 留置管理課

(8課体制)

※「神奈川県警察の組織に関する規則(昭和44年3月31日、公安委員会規則第2号)」を参考にした。

沿革[編集]

交番・駐在所[編集]

警備派出所[編集]

  • 山下公園臨時警備派出所(夏期花火大会時に臨時開設される。)

自動車ナンバー自動読取装置(Nシステム)[編集]

  • 中区横浜公園(一般市道)

過去の重大事件・事故[編集]

関連項目[編集]