加賀百万石〜母と子の戦国サバイバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

加賀百万石〜母と子の戦国サバイバル』(かがひゃくまんごく ははとこのせんごくサバイバル)は、1999年1月3日NHK総合テレビにて放送された特別枠の時代劇NHKソフトウェアから2002年ビデオVHS)化されたが、現在絶版となっている。

後の大河ドラマ利家とまつ〜加賀百万石物語〜』の原型になったとも言われる作品である。

視聴率関東で10.5%であった。

概要[編集]

作家・津本陽の長編小説『前田利家』『加賀百万石』を題材にしたドラマで、作品の中から醍醐の花見から関ヶ原の戦いを中心とし、主人公・まつ江戸から解放されるまでの20年弱にスポットを当て、タイトル通り「母・まつと息子・利長と利政の前田家生き延び作戦」を描いた内容となっている。

あらすじ[編集]

五大老の一人・前田利家の正室であるまつは、子供にも恵まれ、夫にも大事にされてはいるが、「女」としての寵愛は側室ちよに奪われ、何となく張り合いのない日々を送っていた。しかし、豊臣秀吉が死に、夫も病に倒れ、徳川家康の陰謀の矢面に立たされることとなる…。

スタッフ[編集]

  • 原作:津本陽
    『前田利家』(講談社)上巻:ISBN 4062635925 中巻:ISBN 4062635933 下巻:ISBN 4062635941
    『加賀百万石』(講談社)ISBN 4062646617
  • 脚本:大野靖子
  • チーフディレクター:
  • チーフプロデューサー:
  • 音楽:羽田健太郎
  • 演出:望月良雄

キャスト[編集]

ビデオ[編集]

  • 「加賀百万石〜母と子の戦国サバイバル」(NHKソフトウェア)ASIN B00005Y19I