加賀象嵌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

加賀象嵌(かがぞうがん)は、石川県金沢市を中心に生産されている金工品で、金沢市稀少伝統工芸に認定されている金属工芸である[1]前田利長(加賀藩2代藩主)が、後藤家五代徳乗の三男琢乗を召し抱えたことが加賀象嵌の始まりとされる。加賀藩の時代に、象嵌の名人が京都から招かれ、技術が向上したことで加賀象嵌が生まれたという。「加賀象嵌製作用具」は、1974年11月19日に国の重要有形民俗文化財に指定されている。などの武具は名品である。ネックレスピアスイヤリングネクタイピンストラップ、イヤホンジャック、キーホルダーなどといった、アクセサリー類も作ることができる。

脚注[編集]

  1. ^ 伝統金属工芸 加賀象嵌(かがぞうがん)アクセサリー制作体験” (jp). かなざわ自由時間:金沢の旅が楽しくなる体験やイベント、現地ツアーをご案内. 2021年1月26日閲覧。