加須屋誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
加須屋 誠[1]
人物情報
生誕 1960年[1]
東京都[1]
出身校 京都大学[1]
学問
研究分野 日本美術史
学位 博士(文学)[1]
主な受賞歴 1991年国華
テンプレートを表示

加須屋 誠(かすや まこと、1960年 - )は、日本美術史学者、元奈良女子大学教授

経歴[編集]

東京都生まれ[1]1984年京都大学文学部美学美術史学科卒。1991年同大学院博士課程満期退学、京都大学文学部助手、1992年帝塚山学院大学文学部専任講師、1998年助教授、2000年奈良女子大学文学部助教授、2007年准教授、2008年教授。2003年「仏教説話画の構造と機能 此岸と彼岸のイコノロジー」で京大文学博士。「二河白道図試論」により、1991年国華賞を受賞。[2][1]

著作[編集]

単著[編集]

共編著[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g “『生老病死の図像学─仏教説話画を読む』著者紹介”. 筑摩書房. http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480015372/ 2017年12月1日閲覧。 
  2. ^ 研究者情報