労乃宣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
労乃宣
Lao Naixuan.jpg
プロフィール
出生: 1843年11月14日
道光23年9月23日)
死去: 1921年7月21日
中華民国の旗 中華民国山東省青島市
出身地: 清の旗 浙江省嘉興府桐郷県
職業: 文学者
各種表記
繁体字 勞乃宣
簡体字 劳乃宣
拼音 Láo Năixuān
注音符号 ㄌㄠˊ ㄋㄞˇ ㄒㄩㄢ
和名表記: ろう だいせん/ろう ないせん
発音転記: ラオ ナイシュエン
ラテン字 Lao Nai-hsüan
テンプレートを表示

労 乃宣(ろう だいせん/ろう ないせん)は清末民初の文学者。季瑄、号は玉初または矩斎、晩号は韌叟

1868年進士となる。直隷省の地方官を務めていたが、義和団に反感を持ち、鎮圧を主張した。『義和拳教門源流考』を著し、義和団の起源は白蓮教であると主張したが、この説は後世の歴史学者からは疑問を持たれている。1911年、京師大学堂(北京大学の前身)総教習となった。清朝滅亡後は遺老となり、康有為らとともに張勲復辟を擁護した。

音韻学者としては表音文字の導入を推進した。著書に『等韻一得』がある。

またドイツ人宣教師リヒャルト・ヴィルヘルムが『易経』をドイツ語に翻訳するのに協力した。