労働公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
労働公園

労働公園 (ろうどうこうえん、簡体字劳动公园拼音: láodònggōngyuán)は、中国遼寧省大連市の中心部に位置する市内最大の公園。南に緑山を望み、北に大連駅が位置する[1]

概要[編集]

休日には家族連れでにぎわう
池を取り巻く庭園が美しい
労働公園を見下ろす

面積は102万m2。多くの植栽により、多種類のなど緑溢れる憩いの場となっている。庭園なども配置されるほか、ゴルフ場テニス場スケート場、小動物園、遊園地などの娯楽施設もある。特にヤナギの木が美しい景観をなしている。時期によりさまざまな花が楽しめ、5月のチューリップ、10月のキクなどが美しい。また日本から贈られたサクラ芝生なども見られる。園内にあるリフトに乗ると大連テレビタワーの前にたどり着く[1]

歴史[編集]

1899年帝政ロシア租借時代のロシア人による竣工。当初は、大連市西郊外に位置することから西公園と名づけられる。1905年に日本軍が大連を占領し、日本人らの手によってゴルフ場、プール、乗馬クラブが増設され、当時トラを飼育していたことから老虎公園と呼ばれた。その後、大連区自体も拡張され市の中心部に位置するようになったことから、中央公園へ名称を変更[1]

中華人民共和国成立後、中国政府は国民に労働の義務を科した。中央公園も、改修され池のほとりに「労働創造世界(=労働により、世界を創造しよう)」の碑が掲げられた。このことから、名前を労働公園と改称し、今に至る[1]

園内の様子[編集]

所在地[編集]

バス停「労働公園」下車すぐ

交通アクセス[編集]

  • 鉄道:中国国鉄大連駅下車、バスか徒歩で約1km。
  • バス:大連駅より、路線バス2、5、22、303、406、703系統でバス停「労働公園」下車すぐ[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 地球の歩き方 大連 瀋陽 ハルビン D04 2007-2008年版