労農党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

労農党(ろうのうとう)は、日本における無産政党革新政党の名称。おおむね「労働農民党」か「労働者農民党」の略称であることが多い。

  • 労働農民党 - 1926年に結党された、左派の合法無産政党。
  • 労働者農民党 (1928) - 上記「労働農民党」結社禁止ののち、再建をめざすグループ(新党組織準備会)により1928年結党され、即日禁止処分を受けた無産政党。
  • 労農党 (1929-1931) - 上記「労働者農民党」解散ののち、1929年に結党された左派の合法無産政党。一般には「新労農党」の通称で知られる。
  • 労働者農民党 - 1948年日本社会党から分かれて結党された革新政党。
  • 日本労農党 - 1926年、上記「労働農民党」から分かれて結党された中間派の合法無産政党。「労農党」ではなく「日労党」と略されるのが普通。

今日は何の日(2月29日

もっと見る

「労農党」のQ&A