勅使河原霞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
1953年

勅使河原 霞(てしがはら かすみ、1932年10月20日 - 1980年8月6日)は、華道家、草月流二代目家元。

勅使河原蒼風の長女として東京に生まれる。勅使河原宏の妹。白百合学園中等部卒業。1953年草月流師範として教室を開き、1957年草月会副会長。絵画や彫刻、装幀などでも活躍。

裏千家三男との縁談が進んでいたが、商社に勤める妻子持ちの武田陽信と恋愛関係となり1956年12月結婚。武田との結婚を機にいったん草月から離れたが、蒼風の強い希望により復帰[1][2]。武田とは後に離婚。蒼風没後の1979年2代家元を継ぐが、脳腫瘍のため翌年三井記念病院で死去した[3]。享年47。

何事にも完璧主義だが他人には人一倍気を遣い、持ち前の美貌もあって人望溢れる大変魅力的な人柄だったという。

著書[編集]

  • 『草月の小品花 いけばなグラフィック』主婦の友社 1964
  • 『花春秋』読売新聞社 1965
  • 『草月の四季』主婦の友社 1974
  • 『小さないけばな 夏/冬』婦人画報社 1980

共著[編集]

  • 『草月の家庭生花』勅使河原蒼風共著 主婦の友社 いけばな双書 1957
  • 『Ikebana with Roses』Norman Sparnon 主婦の友社 c1972
  • 『草月流』勅使河原蒼風共著 小学館 オールカラーいけばな全書 1974

装幀[編集]

など

関連書籍[編集]

[編集]

  1. ^ 早坂暁 華日記松岡正剛の千夜千冊
  2. ^ 『華日記: 昭和生け花戦国史』早坂暁、勉誠出版, 2009, p216-
  3. ^ 日本人名大辞典

関連項目[編集]