動脈管開存症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
動脈管開存症

動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう、: patent ductus arteriosus; PDA)とは、胎生哺乳類で、出生後動脈管が閉鎖しなかった結果として生じる先天性心疾患。初期には大動脈から肺動脈への血液の流入(左→右短絡)により肺の血液量が増加し、左心系うっ血性心不全を示すが、病気の進行により肺動脈圧が大動脈圧を超えると肺動脈から大動脈への血液の流入(右→左短絡)が生じ、静脈血が全身に循環することにより低酸素血症を示す(アイゼンメンガー症候群)。動脈管開存症では通常の血流量より多くの血液が流れるため、肺動脈や肺静脈の血管径は拡張する。

原因[編集]

動脈管が出生後も開存し続けて、大動脈→肺動脈への短絡(シャント)経路として機能することにより症状を示す。

症状[編集]

通常、左心系うっ血性心不全の発症がみられるまで現れない。と左心系への容量負荷が高まると運動不耐性や頻呼吸、が認められる。特有の連続性雑音が聴取される。また、大腿動脈ではバウンディングパルス英語版が触知される。

こうした血液のシャントによる症例は動脈管が細いとほとんど無症状の場合もあるが、感染性動脈内膜炎をおこしやすい危険性は細くても変わらない[1]

診断[編集]

心電図ではⅡ誘導とaVF誘導においてR波の増高が認められる。胸部X線撮影では左心房の拡大、肺血管の拡張、左心室の拡大が認められる。超音波診断では短絡血流が認められる。

治療[編集]

動脈管が細い場合は閉鎖作用のあるインドメタシンを投与して閉鎖させる、これができない太い場合でも動脈管の切断あるいは結紮などの外科手術結紮、コイル塞栓術)による治療が可能で、動脈管は心臓外の血管で心臓に手を加える必要は無いため、手術の際に心臓をとめなくて良い。したがって、人工心肺装置も不要であり、手術の危険性も低いので感染性動脈内膜炎を防ぐためにも若年者では手術してでも閉鎖が望ましいが、例外的に患者が他にも先天性心疾患を抱えており、左室から大動脈への血流が少なく動脈管が代理を果たしているケース[2]と、肺への血流不足で動脈管によって肺循環が支えられている場合[3]はそちらを直すまで動脈管閉鎖は致死的なため、逆にふさがらないようにプロスタグランジンE1を持続点滴静注させて動脈管を残す。またアイゼンメンガー症候群を起こし右→左短絡が起きている場合も手術は厳禁[4][5]

脚注[編集]

  1. ^ 『STAP内科5 循環器(第3版)』梅村敏・木村一雄 監修、初版1999年・第3版2015年、ISBN 978-4907921026、P.153-154。
  2. ^ 大動脈狭窄、大動脈弓離断、左心低形成症候群(いずれも『看護のための最新医学講座 3循環器疾患 第2版』P.243より)など。
  3. ^ 肺動脈閉鎖症(『STAP内科5 循環器(第3版)』P.157)、極型ファロー四徴症(同P.157)、完全大血管転位症(同P.170)、三尖弁閉鎖症(同P.173)、左心低形成症候群(同P.177)など。
  4. ^ 『STAP内科5 循環器(第3版)』梅村敏・木村一雄 監修、初版1999年・第3版2015年、ISBN 978-4907921026、P.152-154。
  5. ^ 『看護のための最新医学講座 3循環器疾患 第2版』永井良三 編集、株式会社中山書店、2005年、ISBN 4-521-62401-4 、P.243。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 獣医学大辞典編集委員会編集『明解獣医学辞典』チクサン出版 1991年 ISBN 4885006104
  • 日本獣医内科学アカデミー編『獣医内科学(小動物編)』文永堂出版 2005年 ISBN 4830032006
  • 永井良三 編『看護のための最新医学講座 3循環器疾患 第2版』株式会社中山書店、2005年、ISBN 4-521-62401-4
  • 梅村敏・木村一雄 監『STAP内科5 循環器(第3版)』、初版1999年・第3版2015年、ISBN 978-4907921026