勝どき駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
勝どき駅
A1 entrance of Kachidoki Station on the Toei Ōedo Line, Tokyo, Japan - 20090207.jpg
A1番出入口(2009年2月7日撮影)
かちどき
Kachidoki
E 16 月島 (0.8km)
(1.5km) 築地市場 E 18
所在地 東京都中央区勝どき二丁目10-15
駅番号 E17[1]
所属事業者 東京都交通局都営地下鉄
所属路線 [1]大江戸線
キロ程 16.7km(都庁前起点)
電報略号 勝(駅名略称)
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
108,147人/日
-2019年-
開業年月日 2000年平成12年)12月12日
備考 業務委託駅
テンプレートを表示

勝どき駅(かちどきえき)は、東京都中央区勝どき二丁目にある、東京都交通局都営地下鉄大江戸線駅番号E 17。中央区最南端の駅。

駅名の「どき」は本来「鬨」の漢字が当てられるものの、常用漢字に含まれないため、行政区画上の地名と同様に平仮名での表記になった。

大門駅務管理所門前仲町駅務区が管轄し、東京都営交通協力会が受託している。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム2面2線を有する地下駅である。出入口は6ヶ所あり、そのうち2ヶ所は開業後に供用されたものである。特にA2出入口は朝ラッシュ時の混雑が激しかったため、2003年(平成15年)にそのバイパスとしてA2b出入口が新設された(同時にA2出入口はA2a出入口に改称)。これに伴い、現在は平日の7時から10時までA2a出入口を入口専用、A2b出入口を出口専用としている。A2b出入口はエスカレーターが通常上下1基ずつ稼動しているが、当該時間帯は2基とも上り運転となる。ホームと改札口、改札口とA4b出入口との間にはエレベーターが設置されている。

混雑対策と大規模改修[編集]

勝どき駅では、乗降人員の増加への対策として、混雑緩和のために大規模な改良工事が行われている。現在の島式ホームの南側に外回り(大門・六本木方面)用のホームを増設すると共に、従来の島式ホームを内回り(両国飯田橋方面)専用とすることで内回り・外回りのホームを分離。併せて南北で分離されているコンコースをつないで拡大するというものである[7]。この改良工事は2010年度から行われており、2019年2月11日に供用を開始[5]、都営地下鉄では初の変則相対式のホーム構造となった[8]。地下1階と地上との出入口も1つ新設し、エスカレーター増設も含めた全ての工程は2020年6月完了、総事業費160億円を見込んでいる[9]

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 E 都営大江戸線 門前仲町両国春日方面
2 大門六本木新宿方面

(出典:都営地下鉄:駅構内図

利用状況[編集]

2019年(令和元年)度の1日平均乗降人員108,147人乗車人員:54,116人、降車人員:54,031人)である[10]。大江戸線内では新宿駅、大門駅、六本木駅に次ぐ第4位で、都営地下鉄全線の単独駅では最も多い。

開業当初に想定した1日平均乗降人員は約28,000人だった。しかし開業後、当駅の周辺地区である晴海勝どきなどで高層マンションオフィスビルなどの大規模開発が相次いだ。特に2001年4月に晴海アイランドトリトンスクエアが開業すると、その最寄駅である勝どき駅の乗降人員が大きく増加し、開業から2年後の2002年度に乗降人員が6万人を越えた。平日朝のラッシュ時は通勤客で激しく混雑するため、誘導警備員が配置され、動線確保が行われている。

開業以来の1日平均乗降・乗車人員推移は下表の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員[11]
年度 1日平均
乗降人員[12]
1日平均
乗車人員[13]
出典
2000年(平成12年) 27,734 11,549 [* 1]
2001年(平成13年) 62,120 28,062 [* 2]
2002年(平成14年) 67,345 31,293 [* 3]
2003年(平成15年) 64,183 31,301 [* 4]
2004年(平成16年) 64,083 31,491 [* 5]
2005年(平成17年) 65,533 32,178 [* 6]
2006年(平成18年) 69,549 34,205 [* 7]
2007年(平成19年) 75,932 37,451 [* 8]
2008年(平成20年) 82,239 40,775 [* 9]
2009年(平成21年) 83,442 41,487 [* 10]
2010年(平成22年) 80,825 40,145 [* 11]
2011年(平成23年) 76,085 37,988 [* 12]
2012年(平成24年) 84,940 42,405 [* 13]
2013年(平成25年) 90,601 45,265 [* 14]
2014年(平成26年) 93,798 46,978 [* 15]
2015年(平成27年) 98,421 49,223 [* 16]
2016年(平成28年) 99,517 49,823 [* 17]
2017年(平成29年) 102,315 51,197 [* 18]
2018年(平成30年) 102,086 51,074 [* 19]
2019年(令和元年) 108,147 54,116

駅周辺[編集]

高層マンション「勝どきビュータワー」
高層マンション「勝どきビュータワー」
賃貸マンション「ブリリアイストタワー勝どき」(旧アパートメンツタワー勝どき)
賃貸マンション「ブリリアイストタワー勝どき」(旧アパートメンツタワー勝どき)
  • 勝どきサンスクエア

バス路線[編集]

最寄り停留所は勝どき駅前勝どき駅勝どき橋南詰の3ヶ所がある。

この他、駅南西の新島橋を渡った先の環二通り上に、東京BRT勝どきBRT停留施設(ナンバリング:B02)が設置されているが、当駅から約400メートル離れており乗換案内はされていない。

勝どき駅前[編集]

勝どき駅[編集]

  • 日立自動車交通
    • 江戸バス(中央区コミュニティバス) 南循環:新島橋・豊海町経由 中央区役所行

勝どき橋南詰[編集]

  • 都営バス
    • 北行のりば(銀座方面)
      • 都03:銀座四丁目経由 四谷駅行
      • 都04・都05-1・都05-2・都05-1出入・深夜13:銀座四丁目経由 東京駅丸の内南口行
      • 業10:築地・銀座四丁目経由 新橋行
      • 東15:明石町経由 東京駅八重洲口行
    • 南行のりば(晴海・豊洲方面)
      • 都03・都05-1:晴海埠頭行
      • 都05-2・深夜13:新豊洲駅経由 有明一丁目・東京ビッグサイト行
      • 都05-1出入・東15:豊洲駅経由 深川車庫行
      • 業10:豊洲駅・菊川駅経由 とうきょうスカイツリー駅行

その他[編集]

  • かつて、駅名標の下に「晴海トリトンスクエア前」という副名称板が掲示され、到着時にも「60のショップ&レストラン 晴海トリトンスクエア」の案内放送が行われていた。2010年初頭になって、文字は消去された。
  • 豊洲駅から当駅までのゆりかもめ東京臨海新交通臨海線の延伸計画があり、大江戸線の駅の大規模改良工事に際し、ゆりかもめの駅新設を考慮した構造がとられた。ただし、その後東京BRTの整備や、新たに都心部・臨海地域地下鉄構想が提起されたことを受け、延伸計画は事実上凍結されている。
  • 都市計画において、駅筐体の上部に晴海通りアンダーパス、下部に首都高速10号晴海線の建設が予定されていることから、それらを見越した設計になっている。コンコースが南北に分断されていたのもこのアンダーパス計画があったためである。大規模改良工事に伴いコンコースがつながるが、それらを考慮した設計がなされている。

隣の駅[編集]

東京都交通局(都営地下鉄)
E 都営大江戸線
月島駅 (E 16) - 勝どき駅 (E 17) - 築地市場駅 (E 18)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 東京地下鉄 公式サイトから抽出(2019年5月26日閲覧)
  2. ^ “PASMOは3月18日(日)サービスを開始します ー鉄道23事業者、バス31事業者が導入し、順次拡大してまいりますー” (日本語) (PDF) (プレスリリース), PASMO協議会/パスモ, (2006年12月21日), オリジナルの2020年5月1日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200501075147/https://www.tokyu.co.jp/file/061221_1.pdf 2020年5月6日閲覧。 
  3. ^ a b “大江戸線 勝どき駅 新出入口オープンのお知らせ” (日本語) (プレスリリース), 東京都交通局, (2010年12月1日), オリジナルの2011年4月27日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20110427222024/http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/newsevent/news/subway/2010/sub_i_201012013_h.html 2020年7月18日閲覧。 
  4. ^ “勝どき駅A3b出入口供用開始のお知らせ” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東京都交通局, (2017年12月8日), オリジナルの2020年7月20日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200720055116/https://www.kotsu.metro.tokyo.jp/pickup_information/news/pdf/2017/sub_i_20171208_h_01.pdf 2020年7月20日閲覧。 
  5. ^ a b c “平成31年2月11日大江戸線勝どき駅の新設ホームを供用開始し混雑緩和と利便性の向上を図ります!” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東京都交通局, (2018年12月7日), オリジナルの2020年3月8日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200308153053/https://www.kotsu.metro.tokyo.jp/pickup_information/news/pdf/2018/sub_i_20181207_h_02.pdf 2020年3月8日閲覧。 
  6. ^ “勝どき駅新改札供用開始のお知らせ” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東京都交通局, (2020年6月1日), オリジナルの2020年6月2日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200602030320/https://www.kotsu.metro.tokyo.jp/pickup_information/news/pdf/2020/sub_i_202006019083_h_01.pdf 2020年6月2日閲覧。 
  7. ^ 都市鉄道整備事業〜使いやすい鉄道の整備を目指して〜 12ページ
  8. ^ “勝どき駅ホーム増設 『ラッシュ』に切り札”. 東京新聞. (2010年1月7日). オリジナルの2010年1月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100108105935/http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2010010702000233.html 2020年7月15日閲覧。 
  9. ^ 「ホーム増設 混雑緩和/都営大江戸線 勝どき駅/2月11日に使用開始」『東京新聞』朝刊2018年12月22日(都心面)2018年12月28日閲覧。
  10. ^ 各駅乗降人員一覧 - 東京都交通局
  11. ^ 中央区ポケット案内 - 中央区
  12. ^ レポート - 関東交通広告協議会
  13. ^ 東京都統計年鑑 - 東京都

出典[編集]

東京都統計年鑑

関連項目[編集]