勝久マイケル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
勝久 マイケル
Michael KATSUHISA
信州ブレイブウォリアーズ HC
役職 ヘッドコーチ
ポジション(現役時) PG
身長(現役時) 171cm (5 ft 7 in)
体重(現役時) 70kg (154 lb)
基本情報
愛称 マイク
ラテン文字 Michael KATSUHISA
誕生日 (1983-04-26) 1983年4月26日(36歳)
日本の旗 日本 / アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 東京都
ドラフト 2009年 ドラフト5位 
選手経歴
2009-2011 大阪エヴェッサ
指導者経歴
2013-2015
2015-2017
2017-2018
2018-
横浜ビー・コルセアーズ
島根スサノオマジック
栃木ブレックスAC
信州ブレイブウォリアーズ

勝久 マイケル(かつひさ マイケル 、1983年4月26日 - )は東京都出身のバスケットボール指導者、選手である。

プロ選手としては2009年から2011年までbjリーグ大阪エヴェッサに所属し、ポジションはポイントガードであった。bjリーグ 2010-11シーズンを最後に選手生活から退き、横浜ビー・コルセアーズのアシスタントコーチに就任。bjリーグ 2013-14シーズン、ヘッドコーチ職に就いた。

バスケットボール指導者の勝久ジェフリーは兄。

来歴[編集]

高校はワシントン州のBellevue High Schoolに留学。

専修大学に進学し、休学期間を経て卒業後、大阪エヴェッサにドラフト全体5位で入団。

2010年オフにエヴェッサEⅡコーチに就任。しかし2011年1月、トップチームに怪我人が続出したため、再び選手契約を結んだ。2011年、横浜ビー・コルセアーズのアシスタントコーチに就任。レジー・ゲーリーヘッドコーチの下、2011-12シーズンのファイナル進出(3位)、2012-13シーズンの優勝に貢献した。シーズン終了後にゲーリーが退任し、後任のヘッドコーチに昇格した。2014-15シーズン終了をもって退任。

2015年7月より2年契約で島根スサノオマジックヘッドコーチに就任[1]

2017年7月よりリンク栃木ブレックスアシスタントコーチに就任。オファーの決め手は遠距離生活だった家族が一緒に住むことであり、現在は家族で栃木に在住し、妻は新幹線通勤している。[2]

脚注[編集]

関連項目[編集]