勝亦治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
勝亦 治
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県富士市
生年月日 (1952-04-30) 1952年4月30日(67歳)
身長
体重
175 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1970年 ドラフト9位
初出場 1972年
最終出場 1972年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

勝亦 治(かつまた おさむ、1952年4月30日 - )は、静岡県富士市出身の元プロ野球選手。ポジションは捕手

来歴・人物[編集]

静岡商業高校では、2年生時の1969年夏の甲子園に控え捕手として出場。チームは準々決勝に進出するが、この大会に優勝した松山商に敗退[1]。翌1970年は同期のエース池谷公二郎とバッテリーを組む。春季中部大会は決勝に進み、中京高のエース樋江井忠臣(のち三協精機)を攻略、優勝を飾る。しかし夏の県予選では2回戦で敗退。

1970年ドラフト会議阪神タイガースから9位指名を受け入団。1971年オフの第2回選抜会議(トレード会議)の対象となり。指名を受けたヤクルトアトムズへ移籍。選手登録ながら一軍では偵察要員としての出場にとどまり、ブルペン捕手を長くつとめ、1981年引退した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1972 ヤクルト 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
通算:1年 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----

背番号[編集]

  • 53 (1971年)
  • 57 (1972年 - 1981年)

脚注[編集]

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]