勝又健志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
勝又健志
Takeshi Katsumata 2019.jpg
2019年撮影
基本情報
出身地 東京都墨田区
生年月日 (1981-03-15) 1981年3月15日(38歳)
プロ入会 1999年
所属団体 日本プロ麻雀連盟
Mリーグ
2018- EX風林火山
テンプレートを表示

勝又 健志(かつまた けんじ、1981年3月15日 - )は、競技麻雀のプロ雀士。東京都墨田区出身、血液型B型、日本プロ麻雀連盟所属(現在、同団体内での段位は七段)。

略歴[編集]

  • 2000年に早稲田大学在学中に日本プロ麻雀連盟17期生としてプロデビュー。
  • 2011年に第2回麻雀グランプリMAXにて優勝。
  • 2014年度より同団体のA1リーグに昇級。
  • 2015年度の鳳凰位決定戦にて、前田直哉瀬戸熊直樹古川孝次と歴代鳳凰位三名を相手に優勝し、第32期鳳凰位を獲得。
  • 2018年8月7日に行われたMリーグドラフト会議にて、EX風林火山から3位指名を受ける。
  • 2018年11月20日のMリーグにおいて、ドラの暗槓をきっかけに三倍満(リーチ・一発・ツモ・海底・ドラ7)を和了。Mリーグにおける三倍満は史上初。

雀風[編集]

  • 雀風はメンゼンを中心に、必要に応じて鳴きをいれる柔軟なスタイル。[1]劣勢時も簡単にはベタオリせず、高度な読みを駆使して危険牌を通すことも少なくない。
  • 巧みなゲームメイクと麻雀知能が非常に高いことから「麻雀IQ220」という異名を持つ。
  • 選手としてのみならず、解説者としても定評がある。自身が知らない競技の映像を見て、知らない人に伝わる解説の参考にしているとのこと。[2]
  • EX風林火山の中では、「軍師」と呼ばれている。

獲得タイトル[編集]

個人[編集]

  • 麻雀グランプリMAX(第2回)
  • 鳳凰位(第32期)

団体[編集]

  • 麻雀プロ団体日本一決定戦(第1回)

著書[編集]

  • 麻雀IQ220の選択(竹書房、2019年)ISBN 978-480-191-7897

Mリーグ成績[編集]

レギュラーシーズン成績
シーズン チーム 半荘 個人スコア 平均打点 4着回避率
Pt 順位 順位 順位
2018-19[3] EX風林火山 26 15.9 11/21 6663 14/21 0.85 3T/21
シーズン チーム 半荘 個人スコア 最高スコア 4着回避率
2019-20 EX風林火山 ?/29 ?/29 ?/29

※個人賞は規定打荘数(20半荘)以上の選手が対象

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アルファ (2019年3月30日). “プロ麻雀士 勝又健志プロの紹介” (日本語). アルファノブログ. 2019年7月11日閲覧。
  2. ^ 真面目な「麻雀軍師」勝又健志、SKE48須田亜香里の“神握手”に撃沈「これは確かに…!」/麻雀・Mリーグ” (日本語). AbemaTIMES. 2019年7月11日閲覧。
  3. ^ M.LEAGUE公式サイト”. M.LEAGUE. 2019年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月21日閲覧。