勝山通り (北九州市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
国道199号標識
勝山通り(小倉北区・魚町、2009年6月16日)
勝山橋(2010年8月30日)

勝山通り(かつやまどおり)は、福岡県北九州市小倉北区の大門跨線橋から同区砂津交差点までを結ぶ、国道199号(市道小倉中央線)の名称。

概要[編集]

  • 紫川マイタウン・マイリバー整備事業の一環として、紫川の川幅拡張に伴う勝山橋の架け替え工事が始まった1998年に公募により名付けられた。この通りは小倉都心部のメインストリートの一つであり、沿道には井筒屋小倉店やリバーウォーク北九州などの商業施設がある。
  • 西鉄北九州線の電車通りであったことから、現在でも旧電車通りと呼ぶ市民も多い。
  • 西鉄北九州線が廃止になった1992年10月25日まで大門 - 米町間は、東向きの一方通行であった。
  • 勝山通りで分断されていた魚町銀天街の2つのアーケードをジョイントさせる「魚町エコルーフ」が道路上に設置されている。2009年9月中旬着工、2010年3月完成。

沿道の施設など[編集]

接続する道路[編集]

関連項目[編集]