勝山館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
logo
勝山館
北海道
上ノ国勝山館
別名 上之国館、和喜の館
城郭構造 山城
天守構造 なし
築城主 蠣崎氏
築城年 1473年文明5年)?
主な改修者 不明
主な城主 蠣崎信広蠣崎光広
廃城年 不明
遺構 曲輪
指定文化財 国の史跡
再建造物 なし
位置 北緯41度48分3秒
東経140度5分58秒
地図
勝山館の位置(北海道内)
勝山館
勝山館

勝山館(かつやまだて)は、北海道檜山郡上ノ国町にあった中世日本の城山城)。昭和52年(1977年)4月12日、「上之国館跡」のうちの一つ「勝山館跡」として国の史跡に指定された[1]

概要[編集]

築城年代は不明だが、館北端にある館神八幡宮(たてがみはちまんぐう)の創建が文明5年(1473年)と伝えられているため、この頃の築城と推定されている。蠣崎信広あるいはその子光広以降、蠣崎氏の本拠地とされていたが、光広の時代の永正11年(1514年)に松前の徳山館に本拠を移転して以降は、主要な副城として脇館転じて「和喜の館」と称され一族を配した。

夷王山の中腹、南から北へと伸びる斜面を利用して長さ270メートル、幅100メートルで総面積20.9万平方メートルの規模を有する。さらに城の背後から山頂に向かって中世和人の墳墓群(夷王山墳墓群)が存在する。

戦後、夷王山墳墓群の調査が先行され、館そのものの本格的調査は昭和52年(1977年)の史跡指定後の昭和54年(1979年)になってからである。その結果、15世紀後期から16世紀後期にかけての陶磁器金属器漆器骨角器など7万点におよぶ遺物が出土しており、主要な遺物921点が国の重要文化財に指定されている[2]

2017年(平成29年)4月6日、続日本100名城(102番)に選定された。

脚注[編集]

  1. ^ 上之国館跡・花沢館跡・洲崎館跡・勝山館跡 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  2. ^ 遺物の点数は『月刊文化財』537、p.30による。

参考文献[編集]

  • 永田富智「勝山館」(『北海道大百科事典 上』北海道新聞社、1981年)
  • 松崎水穂「勝山館」(『国史大辞典 15』(吉川弘文館、1996年) ISBN 978-4-642-00515-9)
  • 「新指定の文化財」『月刊文化財』537号、第一法規、2008