勝崎裕彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

勝崎 裕彦(かつざき ゆうげん、1946年 - )は、日本の浄土宗僧侶、仏教学者、前大正大学学長。専門は大乗仏教菩薩思想、仏教ことわざの研究。[1]

神奈川県生まれ。1970年大正大学仏教学部卒、76年同大学院博士課程仏教学満期退学。2011年「小品系般若経の研究」で大正大学仏教学博士。大正大学教授、2013年~2016年学長。

著書[編集]

  • 『仏教ことわざ辞典』渓水社 1992
  • 『ことわざで学ぶ仏教』日本放送出版協会・生活人新書 2009

共編著[編集]

[編集]

  1. ^ 『ことわざで学ぶ仏教』著者紹介