勝川春朗 (2代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

二代目 勝川春朗(にだいめ かつかわ しゅんろう、生年不明 - 文化14年4月25日1817年6月9日〉)とは、江戸時代浮世絵師

来歴[編集]

歌川豊春及び勝川春朗(葛飾北斎)の門人。北斎には勝川春朗を名乗っていた時期(1779年 - 1794年)に入門している。俗名不明、はじめ叢豊丸(くさむらとよまる)、寿亭と号す。寛政6年(1794年)頃に春朗を襲名し、前豊丸春朗、また二代目勝川春朗と号した。作画期は天明から寛政にかけてで役者絵玩具絵、芝居絵本、洒落本の挿絵などを描く。門人に二代目叢豊丸がいる。

作品[編集]

  • 駅路風俗 双床満久羅』1冊 ※洒落本、山手山人作。天明9年(1789年)刊行
  • 「大谷鬼次と坂田半五郎」 細判錦絵2枚続 
  • 「市川ゑび蔵となには屋おきた」 間判錦絵
  • 「三舛(五世市川団十郎の暫)」

参考文献[編集]