勝氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

勝氏(かつ/すぐり/すぐろ し)は、日本の氏族[1]のひとつ。

出自と系統[編集]

百済系

勝氏は百済帰化人系の氏族といわれ[1]、西文氏(かわちのふみうじ)の末裔とされる。大和の勝氏は西漢氏庶家ともいわれて、勝海舟は家系的にはこの系統とされる[2]

秦氏系

また、因幡讃岐紀伊伊勢駿河[2]では秦氏の同族とされ、岸俊男も秦氏の中には「…勝」と称する氏族があると指摘している[3]。伊藤信博も勝氏は秦氏と同族としている[4]

物部氏系

さらに近江の勝氏は物部姓の系統と伝わる[2]

源平藤橘

その他には源平藤橘以降でいえば、清和源氏村上氏武田氏藤原北家道兼流あるいは賀茂姓本多氏桓武平氏北条氏の系統とする異流も多いと伝わる[2]

分布[編集]

摂津[2]和泉[2]山城[2]備前[2]美濃[2][1]出雲などに勝姓が多いとされる[1]

この他の地域については上記#出自と系統参照。

勝部[編集]

勝部は、もともと帰化人を組織した品部で、勝氏が支配した[1]。後世の氏族がこの部名をなのるのは、地名の勝部を負ったものと伝わる[1]

関連する氏族[編集]

関連する人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 豊田武『苗字の歴史』中央公論社,昭和46年(1971年),p35
  2. ^ a b c d e f g h i 丹羽 1970, p. 113.
  3. ^ a b c 『日本の渡来文化』中公文庫、1982年,p107.p108における岸俊男の発言。
  4. ^ *伊藤信博「桓武期の政策に関する一分析(1)」名古屋大学『言語文化論集』 v.26, n.2, 2005, p.8

参考文献[編集]