勝沼信彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
勝沼 信彦
生誕 勝沼 信彦(かつぬま のぶひこ)
(1926-07-07) 1926年7月7日(92歳)
日本の旗 長崎県長崎市
死没 (2013-11-10) 2013年11月10日(87歳没)
居住 日本の旗 日本
研究分野 生化学酵素学
研究機関 名古屋大学
大阪大学蛋白質研究所
徳島大学
徳島文理大学
出身校 名古屋大学医学部卒業
主な受賞歴 紫綬褒章
勲二等瑞宝章
プロジェクト:人物伝

勝沼 信彦(かつぬま のぶひこ、1926年7月7日 - 2013年11月10日)は、日本医学者医学博士長崎県長崎市出身。名古屋大学医学部卒業。伯父は医学者である勝沼精蔵。専門は生化学、酵素学。剣道教士七段

経歴[編集]

1953年名古屋大学医学部を卒業。その後、大阪大学蛋白質研究所で助教授を務める。1961年徳島大学医学部教授に就任。その後、同大学の医学部長となる。1987年に徳島大学の酵素科学研究センターのセンター長に就任。

1992年徳島文理大学教授、健康科学研究所の所長に就任。1996年文部省のハイテク・リサーチセンターのセンター長に、2000年には徳島文理大学の学長に就任。

また日本生化学会名誉会員、日本ビタミン学会名誉会員、米国生化学会名誉会員、米国癌学会名誉会員、国際ビタミン学会事務局、スペイン国立細胞学研究所名誉所員、ステフィン国立研究所名誉所員、IPS(International Proteolysis Society)終生名誉会員第1号などを歴任。

2013年11月10日に肺炎のため死去[1]。87歳没。

受賞歴[編集]

所属学会[編集]

  • 日本生化学会
  • 日本ビタミン学会
  • 米国生化学会
  • 米国癌学会
  • 国際ビタミン学会

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 勝沼信彦氏死去(徳島大名誉教授・生化学) Archived 2010年7月13日, at the Library of Congress Web Archives 時事通信 2013年11月12日閲覧

関連項目[編集]