勝浦令子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

勝浦 令子(かつうら のりこ、1951年 - )は、日本の歴史学者。東京女子大学教授。専攻は日本古代史。

来歴[編集]

1973年東京女子大学文理学部史学科卒業。1981年東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。高知女子大学助教授、東京女子大学文理学部教授。1996年『女の信心 妻が出家した時代』で女性史研究青山なを賞受賞。2001年「日本古代の僧尼と社会」で東大文学博士

著書[編集]

  • 『女の信心 妻が出家した時代』1995 平凡社選書
  • 『日本古代の僧尼と社会』吉川弘文館、2000
  • 『古代・中世の女性と仏教』山川出版社、2003 日本史リブレット

共著[編集]

  • 『日本史の中の女性と仏教』光華女子大学・光華女子短期大学真宗文化研究所編 吉田一彦西口順子共著 法藏館 1999

執筆[編集]

  • 「女の死後とその救済」(西口順子編『中世を考える 仏と女』)吉川弘文館 1997

参考[編集]

  • 『古代・中世の女性と仏教』山川出版社 著者紹介
  • [1]
  • [2]