勝浦温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Hot springs 001.svg 勝浦温泉
Katsuura Spa Hotel Mikazuki.JPG
勝浦ホテル三日月
温泉情報
所在地 千葉県勝浦市
交通 鉄道 : JR外房線勝浦駅よりバスで約10分で最寄バス停「勝浦温泉入口」へ。その後徒歩約5分
泉質 塩化物泉
泉温(摂氏 18 ℃
外部リンク 勝浦市観光協会
テンプレートを表示

勝浦温泉(かつうらおんせん)は、千葉県勝浦市(旧国上総国)にある温泉郷名湯百選の一つ。鵜原温泉、勝浦温泉[注 1]、勝浦うばら温泉、外房の湯温泉、三日月温泉、湯場の原温泉の総称[1][注 2]海岸沿いは南房総国定公園に指定されている。

泉質[編集]

淡褐色でやや温めの湯は茶褐色(コーラ色)と云われ、塩分を含み肌に優しいと評判[2]

  • 勝浦温泉
    • 塩化物泉
      • 源泉温度18℃
      • 茶褐色の源泉

以下、日本温泉協会認定の温泉別泉質[1]

勝浦温泉 塩化物泉
鵜原温泉
勝浦うばら温泉
外房の湯温泉
三日月温泉
湯場の原温泉 炭酸水素塩泉

温泉街[編集]

勝浦漁港

房総半島の南東側、年間を通して温暖な気候に恵まれており、勝浦湾太平洋)に面している。

日本有数のカツオの水揚げ港である勝浦漁港が隣接している。近隣にはご当地ラーメン勝浦タンタンメン2015年開催のB-1グランプリ優勝メニュー)のお店も点在する[3]

海岸沿いには海水浴場をはじめとしたレジャー施設が多く、複数のリゾートホテルが中心である。日帰りのみの温泉施設もあるが、多くは旅館・ホテルに温泉施設が設置されたものである。

源泉名や宿泊施設での呼称によって温泉名称が異なり、各温泉地は以下の特徴がある。

  • JR東日本勝浦駅」周辺に位置する三日月温泉・鵜原温泉・外房の湯温泉は、黒潮が北上する太平洋岸に面する温泉地。勝浦漁港で獲れる新鮮な海の幸が楽しめる。
  • 勝浦うばら温泉・湯場の原温泉は、勝浦市街地を見おろす高台に位置する温泉地。勝浦うばら温泉には、日本郵政株式会社が運営する「かんぽの宿勝浦」がある[4]。湯場の原温泉は、緑に囲まれた自然の中にクアハウスがある。16種類の風呂が楽しめる。
  • 勝浦温泉は、勝浦市の北部、国道297号の近くに位置する温泉地。夷隅川清流に面した静かな山間にある。「つるんつるん、飲んでさっぱり、入ってすっきり」の謳い文句があり、飲泉も可能[2]。近くには、「ニュー勝浦温泉オートキャンプ場」というキャンプ場や釣り堀などが併設されている。

歴史[編集]

霊感あらたかな温泉として古くは慶長年間(1596年 - 1614年)から近隣地域の保養地として知られた名湯[5]

天然ガス鉱床による深層から汲み上げた深層泉で1961年(昭和36年)に開湯となる[2]

交通[編集]

JR東日本勝浦駅

施設などによって最寄りは異なるが、JR東日本勝浦駅が主な拠点となる。

公共交通機関[編集]

  • 三日月温泉
  • 鵜原温泉
    • JR外房線勝浦駅下車、徒歩約10分。
  • 外房の湯温泉
    • JR外房線勝浦駅下車、徒歩約20分。
  • 勝浦うばら温泉
    • JR外房線勝浦駅より小湊鐵道バスにて「簡易保養センター」下車。
  • 勝浦温泉
    • JR外房線勝浦駅より小湊鐵道バスにて「勝浦温泉入口」下車。徒歩約5分。
  • 湯場の原温泉

鉄道[編集]

JR東日本外房線 : 勝浦駅 - 鵜原駅 - 上総興津駅

高速バス[編集]

自動車[編集]

周辺情報[編集]

宿泊施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 勝浦つるんつるん温泉とも呼称されている
  2. ^ 源泉名や宿泊施設での呼称によって名称が異なるため

出典[編集]

  1. ^ a b 温泉地検索 | 日本温泉協会” (日本語). 一般社団法人 日本温泉協会 〜温泉名人〜. 2019年4月25日閲覧。
  2. ^ a b c 温泉の歴史 - 勝浦温泉 - 温泉ナビ”. www.onsen-navi.net. 2019年4月26日閲覧。
  3. ^ 勝浦タンタンメン船団” (日本語). 2019年4月26日閲覧。
  4. ^ [公式房総 勝浦のホテル・温泉]” (日本語). かんぽの宿 勝浦. 2019年4月26日閲覧。
  5. ^ 千葉県観光物産協会. “勝浦つるんつるん温泉” (日本語). まるごとe! ちば -千葉県公式観光物産サイト-. 2019年4月26日閲覧。

関連項目[編集]