勝浦運転区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

勝浦運転区(かつうらうんてんく)は、かつて千葉県勝浦市にあった日本国有鉄道(国鉄)千葉鉄道管理局・東日本旅客鉄道(JR東日本)千葉支社車両基地で、運転士の所属する組織である。

配置車両に標記されていた略号[編集]

気動車:「千カウ」…千葉鉄道管理局の「千」と勝浦を意味する「カウ」から構成される。

配置車両[編集]

キハ30 62
(新製配置車)

外房線、木原線(現・いすみ鉄道)で運用される気動車が1975年まで配置されていた。その後、木原線がいすみ鉄道に移管される1988年までは木更津支区所属のキハ35系気動車が常駐していた。

1975年までの主な配置車両[編集]

歴史[編集]

その後、かつての留置線は勝浦駅の留置線として改修され、夜間に電車が留置されている。

関連項目[編集]