勝田正之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

勝田 正之(しょうだ まさゆき、1912年11月2日 - 1991年10月20日)は、日本実業家で、元日本電子計算社長。父・久貫は元大蔵大臣勝田主計の弟なので正之は主計の甥にあたる。東京府(現・東京都)生まれ。

略歴[編集]

  • 1935年 東京帝国大学法学部政治学科を卒業して日本銀行に入行[1]。資金局資金課長、外国為替局の総務・業務・計理の各課長を歴任。
  • 1952年8月 日銀鹿児島支店長に就任[1]。3年3ヶ月務めた後、前橋支店長[1]、検査役、札幌支店長を歴任[1]
  • 1960年9月 日銀為替管理局長に就任[1]
  • 1962年5月 日銀文書局長に就任[1]
  • 1964年7月 日銀発券局長に就任[1]
  • 1966年11月 退官し日本電子計算の社長に就任[1]
  • 1969年5月 日本証券金融の監査役に就任[1]
  • 他に日本情報センター協会副会長を務め、日本電子計算の社長を辞任後は会長に就任した。

親族[編集]

勝田正之は勝田主計の甥なので[1][2][3]、主計の四男で元日本債券信用銀行頭取の勝田龍夫は正之の従兄にあたる[1][2][3]。また、テレビ朝日アナウンサー勝田和宏(主計の曾孫、龍夫は和宏の大伯父)とも親戚にあたる。正之の弟恭行は東大工学部機械工学科卒業後三菱商事に入社し[1]安倍源基の三女と結婚した[1]

勝田正之の妻・寿々子は岩崎康弥・とし夫妻の四女[1][4][5]。寿々子の父・康弥は三菱財閥の創始者・岩崎弥太郎の三男で[1][4][5]、母・としは慶應義塾医学所初代校長・松山棟庵の四女[1][6]。従って正之は岩崎弥太郎及び松山棟庵の孫娘と結婚したことになり[1][2][5]、勝田家は三菱の創業者一族・岩崎家と姻戚関係で結ばれた[2][5]地球科学者岩崎泰頴は寿々子の甥にあたり[1][6]、同じく地球科学者の鎮西清高は寿々子の義理の甥にあたる(鎮西の妻は泰頴の妹で寿々子の姪)[1][6]。市川毛織(現・イチカワ)の専務を務めた杉本甫は岩崎康弥・とし夫妻の三女と結婚したため杉本は正之の義兄にあたる[1][6]

正之・寿々子夫妻は1男2女をもうけた[1][4]。正之・寿々子夫妻の長男勝田芳正は慶應義塾大学法学部卒業後三菱重工業に入社し[1]、相模原製作所、本社建機事業部、MCEC、本社化学プラント事業本部に勤務後、関連保険代理店・株式会社春秋社(MHI保険サービス)に勤務。岩崎弥太郎の曾孫の一人で現在三菱合気道部副部長(6段)として三菱合気道部や養和会合気道スクールの指導員を務め、俳人(旅雲)でもある。建設省水資源公団の阪西徳太郎の次女・紀久子との間には長男・康裕をもうけた。康裕は江理加と結婚。児童文学者勝田紫津子は正之・寿々子夫妻の長女にあたる[1][4]。次女由美子は清泉女子大学を卒業後日本語学校講師を努めている。

参考文献[編集]

  • 『財界家系譜大観 第3版』 現代名士家系譜刊行会、1977年12月1日発行、511頁
  • 『財界家系譜大観 第4版』 現代名士家系譜刊行会、1980年8月1日発行、416頁
  • 『財界家系譜大観 第5版』 現代名士家系譜刊行会、1982年8月1日発行、450頁
  • 佐藤朝泰 『閨閥 日本のニュー・エスタブリッシュメント立風書房 1981年10月30日第1刷発行
  • 佐藤朝泰 『門閥 旧華族階層の復権』 立風書房 1987年4月10日第1刷発行 ISBN 4-651-70032-2

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 『財界家系譜大観』 第3版 - 第5版。
  2. ^ a b c d 『閨閥』 348-349頁、351頁。
  3. ^ a b 『門閥』 271頁。
  4. ^ a b c d 『閨閥』 348-349頁。
  5. ^ a b c d 『門閥』 262-263頁、271頁。
  6. ^ a b c d 『門閥』 262-263頁。