勝田茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

勝田 茂(かつた しげる、1936年12月 - )は、日本医学者医学博士(九州大学)。筑波大学名誉教授。東亜大学大学院名誉教授。専門はスポーツ科学、環境生理学、運動生理学(特に体力医学・栄養生理学)。研究テーマは骨格筋線維の可塑性、超高齢エリートアスリートの身体機能とパフォーマンスなど。日本体育学会副会長。 日本体力医学会理事、評議会会長。 日本バイオメカニクス学会監事[1]日本運動生理学会理事。

略歴[編集]

主な著書[編集]

  • 『運動生理学20講 -第2版-』(編著)(1999年、朝倉書店)
  • 『運動と筋の科学』(2000年4月、朝倉書店)ISBN 9784254695311
  • 『入門運動生理学 第3版』(編著)(2007年4月、杏林書院)ISBN 9784764410879

脚注[編集]

  1. ^ "JSB役員名簿"、日本バイオメカニクス学会公式サイト(2009年6月15日閲覧)。

関連項目[編集]