勝田高司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

勝田 高司(しょうだ・たかし、1916年-2010年11月16日)[1][2]は日本の建築工学者、空気調和衛生工学者[3]東京大学名誉教授[1]東京都出身[4]

経歴[編集]

1940 (昭15) 年東京帝国大学工学建築学科卒業。 1942 (昭17)年、東京帝国大学工学部講師に就任、勝田研発足[5]。 1943年7月に東京帝国大学第二工学部(千葉市弥生町)助教授に就任。

1949年5月東京大学生産技術研究所へ移行[2]

1950 (昭25)年度 「自然換気に関する実験的研究」にて日本建築学会賞(論文)。 1952 (昭27)年工学博士授与。

1961年4月、教授に就任。

1963 (昭38)年日本建築学会理事 (~64年)。1968 (昭43)年環境工学委員会委員長(~70年)。1974 (昭49) 年空気調和衛生工学会会長。

1978年3月定年退官。日本大学生産工学部教授。1979 (昭54)年、日本建築学会評議員(~83年)。1986 (昭61) 年、日本大学生産工学部定年、講師に。 1988 (昭63)年、(株)鹿島建設顧問(~95年)。

1990年、勲三等旭日中綬章受章。 1992 (平04)年、「建築環境工学,建築設備工学の発展に関する一連の業績」にて日本建築学会賞大賞受賞。この他、空気調和・衛生工学会学会賞 論文賞[6]、安田火災海上本社ビル・損保ジャパン日本興亜本社ビル[7][8][9]BCS賞受賞[10]

1996年、日本建築学会名誉会員。

著書に『建築設備』 (森北建築学全書) [11]『建築学大系 29. 工場』[12] 『図学演習』(1952年)など。

家族[編集]

父の勝田主計は大蔵省理財局長から大蔵次官を経て貴族院議員朝鮮銀行総裁→大蔵大臣文部大臣→内閣参議を歴任。母イヨは侍医渡辺悌二郎の長女。妻の金子は大平駒槌の二女。 長兄龍夫は元日本不動産銀行会長や日本債券信用銀行会長。弟和男は安田火災美術財団理事など歴任。

脚注[編集]

  1. ^ 勝田高司氏死去/東大名誉教授”. 四国新聞社. 2019年12月3日閲覧。
  2. ^ 村上, 周三 (2011-04). “名誉会員 勝田高司先生 逝去(会員フォーラム)”. 建築雑誌 (1617): 55. https://ci.nii.ac.jp/naid/110008593567. 
  3. ^ 建築における環境調整技術の研究: 勝田高司先生退官記念出版』勝田高司先生退官記念会、1978年(日本語)。
  4. ^ 建築における環境調整技術の研究―勝田高司先生退官記念出版 (1978年)
  5. ^ 沿革 | 大岡研究室・菊本研究室”. venus.iis.u-tokyo.ac.jp. 2019年12月3日閲覧。
  6. ^ 学会賞 論文賞”. www.shasej.org. 2019年12月3日閲覧。
  7. ^ 損保ジャパン本社(旧安田火災海上) 東京都新宿区・超高層オフィスビル”. www.eonet.ne.jp. 2019年12月3日閲覧。
  8. ^ 損保ジャパン日本興亜本社ビル” (日本語). 超高層ビル部. 2019年12月3日閲覧。
  9. ^ 損保ジャパン日本興亜本社ビル|フロアガイド・アクセス・駐車場” (日本語). building.tokyo. 2019年12月3日閲覧。
  10. ^ BCS賞 | 日本建設業連合会”. www.nikkenren.com. 2019年12月3日閲覧。
  11. ^ 森北建築学全書 建築設備” (日本語). 紀伊國屋書店ウェブストア. 2019年12月3日閲覧。
  12. ^ 建築・土木図書専門出版の彰国社”. www.shokokusha.co.jp. 2019年12月3日閲覧。